自宅の屋上に上がる前に、「屋上に出る」と大声で呼びかける街があります。 “自宅なのに何故?”と思う方もいるかもしれませんが…いったいどういうことでしょう? テラスに向かう階段の途中で… その街にある家の屋上のテラスに上がるため、住人に

熊野信仰の中心である「熊野三山」、真言密教の道場「高野山」、修験道(しゅげんどう)の拠点である「吉野・大峯」の三つの霊場と、そこに至る参詣道である「熊野古道」。歴史あるこの古道は、2004年、「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコ世界遺産に登録された。今回の「和歌山ミュージアム」は、熊野三山のひとつである「熊野本宮大社」までの参詣道として、最も多くの人々が歩いたとされている古道「中辺路(なかへち)」を歩く――。かつて、熊野の遠く長い道のりを行くことができなかった人々が代わりに参拝することで熊野

ページトップへ
Twitter Facebook