大人ならではの楽しみの一つである、お酒。
日本では現在、法律で20歳未満の飲酒は禁止されていますが、世界にはなんと、お酒を主食にする地域があります。

にわかには信じられない情報ですが、実際のところ、どうなのでしょう?

集まった人々が手にしているのは…

その地域の名前は、アフリカ・エチオピアの「コンソ」。
食事の時間にお邪魔すると、たくさんの人が集まっていました。

たくさんの人が集まるたくさんの人が集まる

1日のうち、2回はこうして大勢で食事をするそうです。
よく見ると、人々の手にはそれぞれカップなどの容器が…。

その中には、何やら白い液体が入っています。

白い液体白い液体

実はこれ、「チャガ」というお酒で、アルコールは約5%ほど。
ビールのような飲み物であり、コンソの人々にとってはこれが主食なんだそうです!

気になるその味ですが、少し酸っぱさや粉っぽさを感じる部分もあるものの、さほどクセはありません。

子どもも飲むお酒子どもも飲むお酒

アルコールを含んでいるにも関わらず、小さな子どもも飲んでいます!
本当に、主食なんですね。これは驚き。
このチャガはどうやって作られているのでしょう?

チャガを生み出す穀物

チャガは「ソルガム」と呼ばれる穀物を粉に挽き、1週間ほど発酵させて作られます。

「ソルガム」「ソルガム」

このソルガムは高タンパクな穀物です。他にも団子にして食べたりと、コンソの人々はソルガムを糧にして生きてきました。

チャガは各家庭で一度にたくさん作りますが、保存がきかないため、近所で集まって飲む習慣が生まれたそうです。

近所で集まって飲む習慣近所で集まって飲む習慣

 

「コンソ」には天空の村が!

標高1800mの山の頂上に、コンソの村はあります。
その景観は世界遺産に登録されています。

景観は世界遺産にも登録されています。景観は世界遺産にも登録されています。

斜面に広がるのは段々畑であり、人々はそこで農業を営んでいます。
ユニークな食習慣は、こうした独特な環境から生まれたのかもしれません。

お酒を主食にする地域「コンソ」。一見すると驚きの食習慣ですが、そこには培ってきた文化の中で、楽しそうにお酒を飲む人々の姿がありました。

壮大な遺産の旅へ
世界遺産
(TBS系列:日曜午後6:00~6:30)

 

▪次回(7/14)の放送は、 秘境に林立する奇岩!

 

Catari(カタリ)

冬の北海道の旭川・富良野を旅するのは、女性ファッション誌で活躍するカリスマモデル・野崎萌香さんと、俳優・中村雅俊さんの三女でモデルの中村里砂さん。 モデル業界、芸能界で交友関係の広い野崎さんが「邪気がなくて雪のような人」と評する中村さん。二人は雪景色に包まれた北海道で、どんな旅をするのでしょうか?

ページトップへ
Twitter Facebook