話題の「クラフトビール」や「クラフトチョコレート」に続いて、次のクラフトは「クラフトアイス」!クラフトといえば手作りを意味しますが、クラフトアイスとはどのようなアイスなのでしょうか?

手作りだからこそ美味しい「クラフトアイス」

「クラフトアイス」とは、職人さんが少量ずつ手作りで作るアイスのこと。いろいろな土地の厳選素材を使い、丁寧な手仕事で作られる最高品質のアイスクリームです。

職人さんが少量ずつ手作りで作る「クラフトアイス」職人さんが少量ずつ手作りで作る「クラフトアイス」

たとえば、レモンのアイスクリームを作るときには、レモンの皮むきも一個一個手作業で行われます。
香りと食感をアップさせるために、アイスクリームに加えるレモンの皮をすりおろすのも職人さんの手作業。

レモンの皮むきも一個一個手作業レモンの皮むきも一個一個手作業

作るのに手間暇がかかる分、素材の良さが生きた上質な仕上がりになるのが「クラフトアイス」の特徴です。

お味も口溶けも絶品な8種のフレーバー

そんな「クラフトアイス」をいただけるのは、自由が丘にある『HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)』というお店。

そんな「クラフトアイス」をいただけるのは、自由が丘にある『HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)』というお店。そんな「クラフトアイス」をいただけるのは、自由が丘にある『HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)』というお店。

常に8種類の「クラフトアイス」があり、スタンダードなミルク系やチョコレート系のフレーバーはもちろんのこと、旬の食材を使った“季節のフレーバー”なども用意されています。

常に8種類の「クラフトアイス」がある自由が丘の『HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)』常に8種類の「クラフトアイス」がある自由が丘の『HiO ICE CREAM(ヒオ アイスクリーム)』

ちなみに、先ほどご紹介したレモンの「クラフトアイス」は“季節のフレーバー”の1つ。ひとくち食べれば、レモンピールのフレッシュな香りと生レモン果汁のジューシーさに感動します!

ちょっと変わったフレーバーの中でおすすめなのは「ピーナッツバターミルク」。千葉県産のピーナッツがたっぷり練り込まれたアイスは、香ばしさと濃厚さの両方を楽しめるリッチな味わいです。

千葉県産のピーナッツがたっぷり練り込まれたアイス「ピーナッツバターミルク」千葉県産のピーナッツがたっぷり練り込まれたアイス「ピーナッツバターミルク」

お味だけでなく、口溶けの良さも絶品!まるで“アイスクリームとソフトクリームの中間”のようななめらかな食感は、イタリア製マシンで高速にかく拌して空気を練り込むことで実現されています。

テイクアウトやアイス作りの見学もOK

『HiO ICE CREAM』では、「クラフトアイス」のイートインだけでなくテイクアウトや配送もOK。8種類のフレーバーを制覇してみたい方や、お土産・贈り物などにもぴったりです。

テイクアウトや配送もOKの『HiO ICE CREAM』テイクアウトや配送もOKの『HiO ICE CREAM』

さらに、アイスクリームショップのすぐ隣のスペースでは、職人さんが「クラフトアイス」を作っているところを見学できます。

職人さんが「クラフトアイス」を作っているところを見学可能職人さんが「クラフトアイス」を作っているところを見学可能

実際にアイスが作られている様子を目にしたら、ただでさえ美味しい「クラフトアイス」がますます味わい深く感じられそうです。

店名:HiO ICE CREAM
住所:世田谷区奥沢7-4-12

王様のブランチ
(TBS系列土曜9時30分~14時)

 

Catari(カタリ)
ページトップへ
Twitter Facebook