食事を摂った後でも「もう1食ぐらい食べられそうな気がする」と感じることはありませんか?思い当たる方は要注意!もしかしたら「炭水化物中毒」の可能性があるかもしれません。

知らないうちに「炭水化物中毒」になっているかも?

「炭水化物中毒」とは、糖質の摂取をほどほどでやめることができなくなった状態のこと。

「炭水化物中毒」とは、糖質の摂取をほどほどでやめることができなくなった状態のこと。「炭水化物中毒」とは、糖質の摂取をほどほどでやめることができなくなった状態のこと。

「食後にもう一食、食べられる気がする」や「ご飯やパン、パスタ、デザートを食べた後強い眠気に襲われる」「夜食を食べないと眠れないことがある」など、思い当たることがある人は、炭水化物中毒になってしまっているかもしれません。

リバウンドしない「糖質制限ダイエット」とは

炭水化物中毒による肥満を解消するのに有効なのが、病院のダイエット診療でも行われている「糖質制限ダイエット」です(※病院ではまず、糖質に関する正しい知識を学びます)。

糖質制限ダイエットで重要なのは「1日に摂取する糖質の量を抑えること」と「糖質の量を自分で記録すること」。それぞれのポイントは次の通りです。

糖質は1日120gまで

「糖質」は、ご飯やパン、麺類などに多く含まれますが、必要以上に摂取すると肥満の原因になるため、糖質制限ダイエットでは「糖質の摂取量を1日120gまでに抑える」ようにします。

糖質120gとは、ご飯にすると“2杯と少し”。6枚切り食パンなら、“5枚”という量になります。

糖質120gとは、ご飯にすると”2杯と少し”糖質120gとは、ご飯にすると”2杯と少し”

 

糖質の量を記録

そして、もうひとつ大事なのは、自分で調べて「食事をする前に糖質の量を記録する」ということ。

自分で調べて「食事をする前に糖質の量を記録する」自分で調べて「食事をする前に糖質の量を記録する」

糖質の量を正確に把握することができるようになれば、自然と糖質の量を抑えることができるようになります。

要注意!「糖質」は「カロリー」と切り離して考えるべし!

ダイエットでは、カロリーを気にする方も多いかもしれませんが、糖質とカロリーは比例しません。特に糖質制限ダイエットでは、カロリーではなく、糖質の量に気を付けることが重要です。

たとえば、ステーキとフライドポテトのカロリーを比較してみると、ステーキは914kcal、フライドポテトは410kcalです。しかし、糖質の量はステーキが0.4g(ロース200gの場合)、フライドポテトが46.2g(Mサイズの場合)と、糖質の量はステーキの方が少なく、フライドポテトの方が多くなっています。

糖質の量はステーキの方が少なく、フライドポテトの方が多い糖質の量はステーキの方が少なく、フライドポテトの方が多い

食材だけではなく、味付けでも糖質の量は変わります。たとえばオムレツを食べるなら、ケチャップオムレツではなく、塩味のチーズオムレツにすることで、糖質の量を少なく抑えることができます。

糖質の量を抑えるならケチャップオムレツよりも塩味のチーズオムレツ糖質の量を抑えるならケチャップオムレツよりも塩味のチーズオムレツ

糖質制限ダイエットをするなら、飲むお酒の種類にも注意が必要。ビール(350ml)に含まれる糖質の量は11.2gですが、ハイボールに使われるウイスキーは蒸留酒のため、含まれる糖質は0g。

ハイボールに含まれる糖質は0gハイボールに含まれる糖質は0g

糖質制限ダイエットで減量を目指すなら、最初の一杯をハイボールに変えてみるのがよさそうですね。

肥満の原因のひとつである「炭水化物中毒」は、糖質制限ダイエットで解消することができます。「炭水化物が好きでなかなか痩せられない」とお悩みの方は、日々の食事の「糖質の量」をちょっと気にしてみることから、はじめてみては?

今すぐ使える健康情報が満載!
名医のTHE太鼓判!
(TBS系列:月曜よる7時~)

 

【次回(4/29)の放送】

 

Catari(カタリ)
ページトップへ
Twitter Facebook