中学生の時に熊本で書いていたブログがスカウトマンの目に留まってモデルデビューし、中高生に絶大な支持を受けるティーンのカリスマ、田中芽衣さんと神戸の路上ライブからスタートし、2015年メジャーデビューを果たしたSNS世代のシンガーソングライター、井上苑子さんの飛騨高山二人旅。

ティーンのカリスマ田中芽衣ティーンのカリスマ田中芽衣

 

子熊を抱っこできる貴重な体験

まず、二人が訪れたのはツキノワグマやヒグマなど100頭余りの個性豊かな熊たちと触れ合える熊のテーマパーク「奥飛騨クマ牧場」。

手パッチンで人気の「宝六くん」など奥飛騨に住むツキノワグマたちに餌やりができます。そして子グマを抱っこする体験も!最初は怖がっていた苑子さんも、最後は子グマを抱っこして笑顔で記念撮影!

子グマと井上苑子子グマと井上苑子
子グマと田中芽衣子グマと田中芽衣
  • スポット名:奥飛騨クマ牧場
  • 住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2535
  • 入場料:大人1100円、小人600円

奥飛騨の平湯温泉名物「はんたい玉子」

せっかくなので、温泉名物も堪能しないと。
ということで、源泉かけ流しの「はんたい玉子」を堪能しに向かった二人。「はんたい玉子」は、白身がトロトロ、黄身が固めが特徴。65度から70度の温泉に1時間浸けると普通の温泉卵とは違った独特の食感に。

はんたい玉子を堪能する二人はんたい玉子を堪能する二人

温泉ならではの地元グルメを楽しく味わった二人

日本一高い場所にある鍾乳洞へ

続いて標高900メートル、日本一高い所にある飛騨大鍾乳洞へ。およそ2億5千万年前までは、海の中だったという飛騨地方。その後、地殻変動によって岩盤が押し上げられ、日本アルプスが誕生しました。雨に削られ、その地下に出来上がったのがこの大鍾乳洞です。その鍾乳洞を抜けて二人を待っていたのは…

絶景の氷の渓谷絶景の氷の渓谷

高さ約30メートル、幅約300メートルにも連なる蒼白の氷柱「氷の渓谷」。その蒼白のアート作品は圧巻もの。ここでしか出会えない大自然の力に感じ入った二人でした。

  • スポット名:飛騨大鍾乳洞
  • 住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147
  • 入場料:大人1100円、小人550円

2日目は飛騨高山の歴史散策の旅

2日目はちょっとオトナの旅。
現存する唯一の代官所「高山陣屋」へ。

高山陣屋の前で高山陣屋の前で

ここは江戸から派遣された代官や郡代が執務した、いわば江戸時代の役所です。江戸時代当時のまま残されているこの建物には、260年間続いた徳川幕府の思いを感じることができる多くのものが残されています。

ガイドさんにお願いすれば、より深く歴史に触れることができますよ。

  • スポット名:高山陣屋
  • 住所:岐阜県高山市八軒町1丁目1-5
  • 入場料:430円(高校生以下無料)

ユネスコ無形文化遺産を堪能

歴史に触発された二人は「飛騨高山まつりの森」へ。
毎年、春と秋に行われる「高山祭」は「日本三大美祭」のひとつであり、2016年にユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

飛騨高山まつりの森の荘厳優美な祭屋台飛騨高山まつりの森の荘厳優美な祭屋台

祭の魅力は、荘厳優美、絢爛豪華にして動く祭り屋台。「動く陽明門」とも称えられているそう。飛騨の伝統を受け継いだ匠により完成された「平成の祭屋台」やからくり人形ををここでは一年中楽しむことができます。

  • スポット名:飛騨高山まつりの森
  • 住所:岐阜県高山市千鳥町1111
  • 入館料:大人1000円、小人600円

最後は、世界有数の装飾美術館へ

最後に二人が訪れたのはミシュランガイドでも 3 つ星の評価を受ける世界有数の装飾美術館「飛騨高山美術館」。

飛騨高山美術館を堪能する二人飛騨高山美術館を堪能する二人

エミール・ガレのガラス作品などに魅了されます。結婚式なども執り行うためピアノも置いてあるこの美術館。旅の終わりに苑子さんから雪景色の飛騨をバックに芽衣さんへ歌のプレゼントも。

井上苑子から歌のプレゼント井上苑子から歌のプレゼント

二人とも素敵な旅を楽しめたようです。

  • スポット名:飛騨高山美術館
  • 住所:岐阜県高山市上岡本町1丁目124-1
  • 入館料:一般1300円、大学生・高校生1000円、中学生・小学生800円

 

おしゃれな女子の二人旅
タビフク+VR
(BS-TBS 水曜よる11:00~)

 

【次回3/27のタビフク】

 

Catari(カタリ)
ページトップへ
Twitter Facebook