東京から新幹線と電車で約4時間。飛騨高山は、江戸時代の町屋が残る伝統と文化の息づく街です。今回は「王様のブランチ」が飛騨高山のグルメをリサーチ。歴史ある高山で味わえる、食べ歩き絶品グルメを3つ紹介します! インスタ映えなクッキーカップで本格エスプレッソを まずご紹介するのは、「宮川朝市」

国内外の気鋭アーティストたちが出演するライブハウス新代田FEVERができて以来、音楽の街として今盛り上がりつつある新代田。その一端を確実に担っている立ち飲み屋さんがある。しかも、ただの立ち飲み屋じゃない。現役のバンドマンである會田洋平さんと、辻友貴さんの2人よってオープンした「えるえふる」は、手前が立ち飲み屋で、奥がレコードショップという個性的なお店だ。 ▲レコードショップ側を仕切るオーナーの辻さんオープンしたのは、約4年前。この日、店頭にいた辻さんが開店の経緯を教えてくれた。「もう1人のオーナ

ページトップへ
Twitter Facebook