湯島は、かつて海や湿地に囲まれた台地で島のように見え、温泉の湯煙が立っていたので「湯煙が立つ島」から湯島という名前がついたといわれています。※諸説あります  その湯島の頂にある湯島天満宮は458年に創建され、1355年から学問の神様・菅原道真を祀るようになりました。現在も受験シーズンになると、

ページトップへ
Twitter Facebook