静岡県・伊東市といえば、温泉や海の幸。
伊東と聞いて「ラーメン」を思い浮かべる人は少数派かもしれませんが、ラーメン通の間で話題のお店が伊東市内に存在します!
県外からもお客さんが殺到中のラーメン店とは、どんなラーメンが食べられるお店なのでしょうか?

佐野実さんのこだわりを受け継ぐラーメン店

今回ご紹介するお店は、「支那そば 福々亭」。

県の内外から訪れるお客さんたちで常ににぎわっている「支那そば 福々亭」県の内外から訪れるお客さんたちで常ににぎわっている「支那そば 福々亭」

店内は、県の内外から訪れるお客さんたちで常ににぎわっています。
店主の早藤さんは、名店「支那そばや」の創業者で、“ラーメンの鬼”と呼ばれた佐野実さんの下で10年間修業したという経歴の持ち主。

店主の早藤さん店主の早藤さん

師匠である佐野さん同様、スープと麺に並々ならぬこだわりを持ってラーメンを作り続けています。

あっさりして深みのある「鶏と白えびのWスープ」が魅力

お店の一押しメニューは、「塩ラーメン(豚バラ)」。

お店の一押しメニュー「塩ラーメン(豚バラ)」お店の一押しメニュー「塩ラーメン(豚バラ)」

ベースになっているのは、お店こだわりの“鶏と白えびのWスープ”です。
手間をかけて作られたスープは黄金色に透き通っていて、見るからにおいしそう…!

お店こだわりの“鶏と白えびのWスープ”お店こだわりの“鶏と白えびのWスープ”

“鶏と白えび”という異なる素材のかけ合わせから生まれたスープは、あっさりしているのに芳醇な味わい。

あっさりしているのに芳醇な味わいのスープあっさりしているのに芳醇な味わいのスープ

一口飲めば贅沢な旨みが口中へ広がる、奥行きのあるスープです。

スープのおいしさを味わいつくすための「自家製細麺」

さらに、スープの味わいをお客さんにいっそう楽しんでもらうため、「支那そば 福々亭」では麺も“自家製”にこだわっています。

「支那そば 福々亭」は麺も“自家製”「支那そば 福々亭」は麺も“自家製”

スープとの相性を考えて開発されたのは、通常の麺より小麦粉の割合を増やした柔らかな細麺。
やさしい食感の麺に繊細な風味のスープがよく絡む「塩ラーメン」は、まさに珠玉の一杯!

通常の麺より小麦粉の割合を増やした柔らかな細麺通常の麺より小麦粉の割合を増やした柔らかな細麺

こだわりのラーメンを求めて全国からお客さんが訪れる「支那そば 福々亭」。
自家製で丁寧に作られたスープや麺からは、お客さんにおいしく食べてほしいというご主人の想いが伝わってきました!
ラーメンがお好きな方は、さっそく伊東へ足を運んでみては!?

店名:支那そば 福々亭 
住所:伊東市湯川2-17-6 稲葉ハイツ

地元民おすすめの“絶品ご当地グルメ”
バナナマンのせっかくグルメ!!
(TBS系列:日曜よる6:30~)
 

 

Catari(カタリ)

古舘伊知郎の息子・古舘佑太郎が、6月28日に放送される『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55~)の人気企画「本気でハシゴ酒」に登場する。佑太郎とは初対面となるダウンタウンの松本人志も「ああいう人(伊知郎)に育てられたら、どういう人になるんやろうなぁ」と興味津々な様子で店内へ……。

ページトップへ
Twitter Facebook