戦前、沖縄で誕生した伝統工芸品「紅型(びんがた)」。第二次世界大戦で首里城が破壊され、周辺の紅型工房も激しい戦禍を被りました。 戦後、染色道具も型紙もない状況の中、1人の紅型職人があらゆる素材を駆使することで、戦前の「紅型」を復活させました。一体、どうやって製作したのでしょうか? 沖縄の

3月21日(木)に放送される『徹子の部屋』に、福岡・博多出身の武田鉄矢と、熊本出身のコロッケという九州が生んだ大物スターが揃って登場。 武田のモノマネをして早30年というコロッケが、本人の横で“武田の特徴”を爆笑解説する

ページトップへ
Twitter Facebook