函館駅から市電で約30分、湯の川温泉街の近くにある「函館市 熱帯植物園」。 湯の川温泉街の近くにある「函館市 熱帯植物園」 園内の温室では約3,000本の南国植物が展示されており、一年中常夏気分を味わえるのですが、こちらの植物園で大人気なのは、毎冬、おサルさんが温泉に入る姿が見られる

側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。ネットでは「高いものは6万円もする!」という噂が流れています。これはもしかして一攫千金のチャンス? 億万長者になれるかも?ということで、ギザ10の本当の価格を調べるため、古銭などの買取を行う「バイセル」に話を伺ってきました。「ギザ10で一攫千金」の夢は早くも崩れる...今回、取材に応えてくれたのは査定員の青木夏椰斗さん。 ――バイセルでの「ギザ10」の買取平均価格は、いくらになりますでしょうか?「原価である10円に30円を足した、40円が平均と

ページトップへ
Twitter Facebook