いろいろなお料理に使いやすい、人気の食材「たら」。
鮮魚コーナーでよく見かける「たら」には、真だら・生たら・甘塩たら・銀だらの4つがありますが、どのように選べばいいのか悩んだことはありませんか?実は、この中にはそもそも「たら」ではない深海魚が混じっているんです!

今回は、そんな4種類の「たら」の違いや選び方、おすすめ料理などを詳しくお伝えします。

「真だら・生たら・甘塩たら」は、同じ魚

4種類の「たら」のうち、「真だら・生たら・甘塩たら」の3つは『タラ目(もく)』という仲間に属する“マダラ”という魚。

真だら・生たら・甘塩たらはタラ目のマダラ真だら・生たら・甘塩たらはタラ目のマダラ

魚の名前をそのまま商品名にしたものが「真だら」です。
冷凍と生、どちらの“マダラ”も「真だら」として売られています。

それに対して「生たら」は生の“マダラ”のこと。冷凍されていないということをわかりやすく示すために“生”という文字を使い、買う人の目を引きやすい名前で売られています。

生たらは生のモノだとわかりやすく表記して売られている生たらは生のモノだとわかりやすく表記して売られている

そして「甘塩たら」は、塩漬けにした“マダラ”のこと。調理をするときに下味を付ける手間を省くため、薄い塩味に調味されています。

甘塩たらは下味を付ける手間を省くため薄い塩味に調味甘塩たらは下味を付ける手間を省くため薄い塩味に調味

ちなみに「甘塩」とは、甘い味の塩のことではなく、“平均的な塩分よりも少ない塩加減で味付けしている”という意味。

「真だら・生たら・甘塩たら」を買うときのポイントとして、特にこだわりがないときは「真だら」、新鮮な生の「たら」が食べたいときは「生たら」、調理を簡単に済ませたいときは「甘塩たら」を選べば良いということですね!

「銀だら」はもともと“名もない深海魚”だった!

「真だら・生たら・甘塩たら」の3種類は“マダラ”ですが、「銀だら」だけは“ギンダラ”という別の魚。

銀ダラはタラ目ではないスズキ目の魚銀ダラはタラ目ではないスズキ目の魚

“マダラ”が『タラ目』であるのに対し、“ギンダラ”は『スズキ目』。
“マダラ”とは違う仲間で、しかも深海魚だというからびっくりです!

日本人がサケやマスを獲りに北極海へ行っていた昭和初期、見たことのない深海魚が網にたくさんかかりました。
たまたま大量に獲れたものの、当時の日本では知られておらず名前もついていなかったこの魚。

昭和初期に北極海で名前も知らない深海魚が大量に獲れた昭和初期に北極海で名前も知らない深海魚が大量に獲れた

泳ぐ姿が「たら」に似ていること、また体が銀色で、切り身にすると「たら」そっくりであることから「銀のたら=ギンダラ」と呼ばれ始め、その名前が定着したといわれています。

体が銀色で泳ぐ姿や切り身がタラに似ているから銀ダラ体が銀色で泳ぐ姿や切り身がタラに似ているから銀ダラ

今では「銀だら」として、鮮魚コーナーに並ぶようになりました。

それぞれの「たら」、おすすめの食べ方は?

“マダラ”は脂身が少なくあっさりしていて淡泊な味わいなので、「真だら・生たら・甘塩たら」は鍋物や揚げ物にするのが◎

真だら・生たら・甘塩たらは鍋物や揚げ物がおすすめ真だら・生たら・甘塩たらは鍋物や揚げ物がおすすめ
鍋料理にも向いている真だら鍋料理にも向いている真だら

一方、“ギンダラ”は脂がのってしっかりした味。
そのため、「銀だら」は焼き魚や煮付けにぴったりです。

銀ダラは焼き魚や煮付けにぴったり銀ダラは焼き魚や煮付けにぴったり

“マダラ”も“ギンダラ”も切り身で売っていることが多く、手軽に調理できるので、ぜひ毎日の献立に活用したいところ。

鮮魚コーナーで見かける「真だら・生たら・甘塩たら・銀だら」は、魚の種類や加工方法、味などに違いがあることがわかりました。
その日のメニューに合わせて買い分けて、お料理のバリエーションを増やしてみてくださいね!

ちょっと気になる“差”を徹底調査
この差って何ですか?
(TBS系列火曜よる7時~)
 

 

Catari(カタリ)

11月21日放送の『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(日本テレビ系、毎週木曜25:29~※この日は25:54~/中京テレビ、毎週月曜24:59~※11月18日放送)は、メンバーが一切出ない“坂道グループ祭り”を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook