駿(横浜流星)、真柴(川口春奈)

川口春奈横浜流星が共演する火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第8話が、6月8日に放送される。

綺麗に着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。主人公の真柴くるみを川口、真柴とひとつ屋根の下で暮らすことになるミニマリストの料理人・藤野駿を横浜が演じる。

藤野駿(横浜流星)
藤野駿(横浜流星)

先週放送された第7話では、真柴の故郷である初島での駿と葉山祥吾(向井理)でのやりとりや、寺井陽人(丸山隆平)と羽瀬彩夏(中村アン)の胸キュンシーンにインターネット上で反響が寄せられた。

<第8話あらすじ>
元彼女で、以前勤めていた店「オルテンシア」のオーナーの娘でもある福本葉菜(山本千尋)と再会した駿(横浜)。葉菜に店にまた来るように言われ動揺する。真柴(川口)は駿の元気のない様子が気になり声をかけるが、はぐらかされるばかり。

羽瀬彩夏(中村アン)
羽瀬彩夏(中村アン)

そんな中、真柴と駿の関係を知った早乙女香子(夏川結衣)は、ふたりにフレンチレストランの大人のデートをプレゼントする。デートを楽しみに過ごす真柴と、以前の店に戻るか苦悩する駿。すれ違う日々が続き、真柴の不安は増すばかり……。そんな真柴の様子を見かねた祥吾(向井)が動き出し、真柴と駿の関係に大きな変化をもたらすことに。

一方、酔い潰れた羽瀬(中村)を部屋へ運んだ陽人(丸山)は、羽瀬に自分の正直な思いを伝える。

ミステリー界の重鎮・西村京太郎氏の原作を沢口靖子主演で映像化。警視庁鉄道捜査隊・東京駅分駐所に所属する鉄道捜査官・花村乃里子の活躍を旅情たっぷりに描く人気シリーズ『鉄道捜査官』。 本日8月2日(月)、その第19弾が放送さ

ページトップへ
Twitter Facebook