紘一(永山瑛太)、咲(北川景子)

北川景子永山瑛太が夫婦役で共演するドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第3話が、4月30日に放送される。

現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山)が“交際ゼロ日”でスピード結婚。そんな2人を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。

先週放送された第2話は、咲のピンチに駆けつけた紘一が話題に。インターネット上では「こういう夫、欲しい」「素晴らしい!」「好感しか持ちません」「スーツの似合い方が尋常じゃない!」と話題になっていた。

<第3話あらすじ>
林の中で道に迷った咲(北川)は、紘一(永山)に助けられ事なきを得る。咲は、どんな時も自分を護ってくれる紘一に素直に感謝し、紘一もそんな咲を見てうれしく思う。

ある夜、咲の母・美土里(三石琴乃)が大荷物を抱えて咲の新居にやって来た。夫・武史(佐野史郎)の浮気に耐え切れず、離婚すると言い出し、紘一の部屋を占拠する。

紘一(永山瑛太)の母・薫(宮崎美子)は旅館で働いていた
紘一(永山瑛太)の母・薫(宮崎美子)は旅館で働いていた

離婚届を残して家を出た紘一の母・薫(宮崎美子)が、箱根の温泉旅館で働いていることが判明。正(酒向芳)が薫を迎えに行くことを拒否したため、咲と紘一は休暇を取って箱根に行くことに。リコカツ中の咲と紘一だが、2人での初めての旅行はどこか楽しみで、後輩・三本木なつみ(大野いと)から「新婚旅行」とひやかされた咲は、まんざらでもない様子。

咲(北川景子)に異動の話が持ち上がる
咲(北川景子)に異動の話が持ち上がる

そんな中、紘一はスポーツジムでよく会う青山貴也(高橋光臣)から声をかけられ思いがけず意気投合。一方、咲には異動の話が持ち上がり……。

7月4日(日)よる10時30分スタート 日本テレビ系新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」。身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう⁉殺意と恋が入り混

ページトップへ
Twitter Facebook