奈未(上白石萌音)

上白石萌音が主演を務めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第9話が3月9日に放送。インターネット上では、二転三転する恋模様に大きな反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

ファッション雑誌編集部を舞台に、主人公・鈴木奈未(上白石)がドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)や運命的な出会いをする子犬系男子・潤之介(Kis-My-Ft2 玉森裕太)に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

潤之介からのプロポーズを“これでいいよね”と受け入れた奈未。宝来家との食事会に参加するが、編集部を辞めて備品管理部で働く麗子は顔を出さなかった。彼の両親である香織(高橋ひとみ)と勝之介(宇梶剛士)は、二人の結婚や子供の話をしていて浮かれいている。そんな夫妻に、自分が編集を担当し、麗子を特集した社内報と、麗子が編集長を務めた雑誌「MIYAVI」を見せた。彼女の魅力を熱弁していると、当の本人である麗子がやって来る。奈未の言葉に心を動かされた勝之介は「雑誌を作るってカッコいいもんだな。麗子。ごめんな」と謝罪。麗子も涙を流しながら、家業を継げなかったことを謝り、二人は和解した。

麗子(菜々緒)、勝之介(宇梶剛士)
麗子(菜々緒)、勝之介(宇梶剛士)

そうした行動を鑑みて、奈未が雑誌作りに対する夢を見つけたと感じ始める潤之介。後日、仕事中の彼女を呼び出し結婚指輪を渡した。笑顔で「ありがとう」という彼女に、潤之介は「何か不安なことあったら、ちゃんと言って?」と問いかける。奈未は“大丈夫だよね”と心の中で確認をとり「大丈夫」と返した。

奈未は、会社にやって来た蓮見理緒(倉科カナ)から「奈未ちゃんが仕事とか夢とかに未練があるなら、潤ちゃんを余計傷つけるよ」と自分の気持ちを言い当てられてしまう。その頃、潤之介はラーメン屋で中沢涼太(間宮祥太朗)とバッタリ。プロポーズしたと明かすと、彼から「鈴木は編集の仕事をやりたがっている」と告げられる。それは潤之介も十分に感じていたことだった。

その夜、お互いモヤモヤを抱えながら星を見に行く二人。奈未は「潤之介さんとあのベンチで出会って、こうやって好きになって、一緒に同じ時間過ごせて本当によかったと思っています」とポツリ。察した潤之介が「もしかして夢も見つけられた?」と問うと、涙ながらに「私、潤之介さんと……」と言葉を詰まらせる。潤之介は、彼女の言葉を救うように多くを語らず「分かっているよ。奈未ちゃんにはいつだって笑っていてほしいから」と返した。

奈未は指輪を彼に返却。その場をあとにする彼女を見届けたあと、潤之介は一筋の涙を流した。奈未は二人が出会ったベンチで思い出を振り返り号泣。するとそこに中沢がやってくる。「お前がまた泣いている気がして」……。

ネット上では、潤之介の涙に「世界で1番美しく切ない」「奈未ちゃんが行ってしまってから溜めてた涙ポロポロ流す潤之介くんに全私が泣いた……」「一人で静かに泣くのが本当に胸が苦しくてしんどい」との声が。

また、中沢の登場には「中沢先輩きたぁぁぁぁぁぁぁやばいやばいやばい興奮止まらない」「振られた女の前に登場したときのNo.1破壊ワード」「“お前が また泣いてる気がして”日めくりカレンダーに入りました」と胸キュンする視聴者が多くいた。

次回は、3月16日に最終話が放送。潤之介と別れた奈未は“潤之介ロス”に陥る。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で配信されている番組を、編集部が厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」。今週は、フジテレビで放送中の令和版と、1991年に放送された平成版の『東京ラブストーリー』を紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook