たかっし(阿部サダヲ)

阿部サダヲが、2月26日に放送される長瀬智也TOKIO)主演のドラマ『俺の家の話』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話に出演。また、田中みな実が第5話に引き続き出演する。

本作は長瀬と宮藤官九郎がTBS連続ドラマ11年ぶりのタッグを組み、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。長瀬演じるピークを過ぎたプロレスラーが、能楽の人間国宝である父の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げていく。

望月ちはる(田中みな実)
望月ちはる(田中みな実)

阿部が今回演じるのは、カラオケビデオ出身俳優4人で結成し、各地のスーパー銭湯をまわるムード歌謡グループ「潤 沢」のメンバー・たかっし。そのハイテンションな演技で、伝統を重んじてきた観山家の後継者陣に強い影響を与える。阿部は宮藤が脚本を担当した『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)に出演し、同作でも主演を務めた長瀬と共演。以降も『タイガー&ドラゴン』(2005年)、映画『真夜中の弥次さん喜多さん』(2005年)で、長瀬×宮藤×阿部の強力タッグを組んできた。この3人が再びひとつの作品でコラボするのは実に16年ぶりとなる。

第5話では寿三郎(西田敏行)の体調が安定したことから、25年ぶりとなる家族旅行に出かけた観山家。しかし、寿三郎の希望で寄り道をすることに。立ち寄った畑で農作業をしていた謎の女性・望月ちはる(田中)が、「じゅでぃー」と親しげに呼んできて……。

<第6話あらすじ>
ついに25年ぶりの家族旅行へ出発した観山家だったが、道中思わぬ寄り道が発生していた。寿三郎(西田)がかつて愛を誓った女性たちへの謝罪行脚をしたいというのだ。寿三郎の好きなようにさせると決めた寿一(長瀬)は、思うところがありつつも車を走らせる。

一方、観山家に残ったさくら(戸田恵梨香)は、誰もいない稽古場で寿三郎と踊介(永山絢斗)から引っ切り無しに届くメールをぼんやりと眺めていた。だが、寿一のことが頭から離れずモヤモヤとした思いを抱えていた。やっとの思いで目的地へと到着し、夕食を終えた一行だったが、寿三郎が今度は近くの温泉旅館の女将に会いたいと言い出す。それは、かつて寿三郎がプロポーズをし、それを了承してくれたという女性で……。

中村倫也が主演を務める『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第2話が、4月12日に放送された。インターネット上では、中村演じる青山一が少女を助け出すシーンと青山を追う男(磯村勇斗)が話題となっていた。

ページトップへ
Twitter Facebook