中居正広がMCを務める『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、毎週金曜20:57~)が、1月15日に放送。今回は「中居正広の金スマ新春スペシャル」と題し、メインゲストに、テレビアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」が大ヒット、そして『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」で第62回日本レコード大賞を受賞したLiSAが登場。

バラエティ番組に不慣れな彼女を支えるスペシャルパネラー<三本柱>として、『鬼滅の刃』で我妻善逸を演じた声優・下野紘、LiSAと同じ所属事務所のバイきんぐ小峠英二、そして10年前から家族でファンだというKis-My-Ft2宮田俊哉を迎え、LiSAの知られざる魅力に迫った。

今やどの世代にも超人気のLiSA。街頭アンケートで彼女について調査をしてみると、「男っぽい」「肉好き」というイメージのほか、「なんで髪がピンクなの?」という質問が。これについて「可愛いから……」と照れながら答えるLiSAを見て、宮田は「『可愛いから』っていう理由も可愛いな!」とニヤニヤが止まらない。

また、音域の高い歌を歌い続ける秘訣として“寝る時はマスク着用”、“どんな場所でも同じ湿度を保つため必ず加湿器を持参”という徹底したケア方法を紹介した。そして「子供の頃から高音のSPEEDの曲ばかり歌っていたからかな」という意外なエピソードも披露した。

実はSPEEDに憧れて、小学校5年生の時から3年間単身沖縄で生活しながらダンスのレッスンに明け暮れていたLiSA。夢叶わずして地元に帰ってくる際「音楽の道はあきらめる」と母と約束したが、あきらめられないLiSAは21歳で家出当然で上京してしまった。東京で現実の厳しさを思い知らされていたある日、母からの電話で「どんな一日でも一つはいいことがあるんだから“今日もいい日だ”と言って寝なさい」と言っていたことを思い出し、デビューまでの辛さを乗り越えたという。今では“今日もいい日だっ!”はLiSAの座右の銘になっている。

パネラーの大竹しのぶは、「11歳で子供を外に出す親の精神力がすごい」と感心すると、LiSAは「母は周りから色々言われたと思うけど、信じ続けてくれたから母にとって自慢の娘にならないと……と思って頑張ってきた」と語った。

最後に中居が母からのメッセージを読み終えると「愛されてますよ。お母さんとLiSAさんはようやく歩幅があって来たね」と感想を伝えた。

ネット上では「今日もいい日だっ。の真相が知れて、小峠さんの名言? も聞けて、本当に今日もいい日だっ」「最初から最後まで愛の詰まった番組で、終始泣きながら笑いながら見てた」「素敵な前向きな言葉だなぁ。同じ1日なら笑顔で明るく過ごせたら良いよね」といったコメントが見られた。

4月14日(水)の『徹子の部屋』に、戸田恵子が登場する。 63歳、気ままな独身生活を楽しんでいるという戸田。 家事も必要最低限、自宅の食事は「粗食」だというが、最近、黒ニンニク作りにハマっている。買ってきたニンニクを保温

ページトップへ
Twitter Facebook