仲里依紗、バカリズム

1月9日(土)16時から放送される『バカリズムと仲里依紗のお悩み解決サロン だったらこうすりゃいーじゃない?』(MBS・TBS系)で、仲里依紗がバラエティのMCに初挑戦する。

誰にもある「あの時どうすりゃよかったんだ?」と後々まで引きずる悩ましい出来事。人間関係の悩みから、「自分だけかもしれないけれど、どうしても気になる」といった独特な悩みまで、思わず共感してしまう“あるある”な悩みが日常にはあふれている。同番組では、出演者がそんな悩みを打ち明け、“困っている時はお互いさま”をモットーに、その解決方法をみんなで考案。出演者の悩みとそれぞれが考えた解決策はショートアニメにしてプレゼンしていく、人間関係を円滑にするヒント満載の番組となる。

バカリズムと仲がMCを担当。ゲストとして、飯尾和樹ずん)、高橋ひかるDJ松永Creepy Nuts)が出演し、ほしのディスコパーパー)が初めてナレーターを務める。

仲は、撮影現場でのスタッフとのやり取りにまつわる悩みを告白。「食事に誘ってくれるけれど、これって社交辞令!? それとも本気にしていいの!?」と悩む仲に、DJ松永、飯尾、バカリズムが解決策を提案。3人が提案した相手の本心を探る解決策とは?

高橋は、女性同士の会話で起こりがちな“かわいいラリー”を、どう終わらせたらいいかを相談。「そのコートかわいい~!」「そのセーターもかわいいよ~!」といった一度始まると延々と続く“かわいいラリー”を早く終わらせるべく、飯尾、DJ松永、バカリズムの3人が解決策を提案する。

飯尾は、タクシーに乗車した際、クレジットカードの暗証番号の入力時にモヤっとすることがあると吐露。人には見られたくない暗証番号、がっつり見てくる運転手さんの視線を自然にそらしてもらうユニークな解決策を、高橋、DJ松永、バカリズム、仲が発表する。

DJ松永は、地元・新潟で出演したフェスでの一コマを告白。その場の空気を読んだコメントができず、本当に思ったことを口にしてしまい、周りはドン引きに。バラエティ番組にも引っ張りだこなDJ松永にとって、今後食リポなどにも生かせる、嘘をつかずに現場の空気を壊さない画期的な妙案が登場する。

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。3月9日は、「集めすぎちゃったSP」と題して、好きになったモノを集めるのは楽しいが、気付いたら集めすぎちゃったという専門家を集めて特集。アイス、カップラーメン、お菓子箱、昭和家電、古着きもの、ギターなど、マツコを圧倒する超物量の世界を一挙紹介する。

ページトップへ
Twitter Facebook