9月15日に放送されたマツコ・デラックスがMCを務める『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)では、「ロボットペットの世界」「ヨーグルトの世界」に迫った。話題のロボットペット「LOVOT(ラボット)」が登場し、マツコがメロメロになる一幕があった。

カルチャーに造詣の深いマツコすらも知らないディープな世界の数々を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ。「ロボットペットの世界」では、計29体のロボットペットと暮らす夫婦、くぱぱさん・くままさんをゲストに迎えた。

進行台本に書かれた夫婦のニックネームに触れ、「ワタシ、こういう名前を名乗っている夫婦と仲良くする自信がない」と警戒するマツコ。「くぱぱ・くままって呼んでるときに私の顔を見ないで」とスタッフに釘を刺すが、ロボットペットを首からぶら下げ、人懐っこい笑顔で現れた夫婦の姿に「(名前をちゃんと)呼べそうな気がしてきた」と表情を和らげる。

夫婦が首からぶら下げていたのは、シャープが製造する小さなアンドロイド型のロボットペット・ロボホン。携帯電話の機能も備えているという。試しに収録当日のスケジュールを尋ねてみると、「(この日の)予定はないよ」と即答するロボホン。「(番組が)全然重要視されてないじゃないの!」「もっと気合入れて来てくださいよ」とマツコはツッコミを入れた。

ミクシィが開発する「ロミィ」は、フリートークができるロボットペット。ためしにマツコが「テレビ局がいじめるんだよ」とぼやくと、「そうなんだぁ。それはちょっと面倒だね。どんなテレビ局だったの?」尋ね返すロミィ。「TBSっていうの」とマツコが答えると、「TBSかぁ。たしかに面倒だよね」と訳知り顔で寄り添うロミィ。その当意即妙な受け答えに、思わずマツコは「可愛い……」ときつく抱きしめる。

昨年12月に発売された「LOVOT(ラボット)」は、10億通りのパターンから目と声の表情を選ぶことができ、世界に1体だけのロボットペットを作ることができる優れもの。生き物のように37〜39℃の「体温」を持ち、撫でたり抱っこしたりすると鳴き声をあげて喜ぶ様子にマツコはすっかり骨抜き。カメラをまったく意識しない振る舞いをしていたことに気づき、「これをオンエアするの?」と不安がる一幕もあった。

続々と愛くるしい表情を見せるロボットペットたちの姿に、ネット上では「良いわぁ〜癒される」「年取ったらペットはロボットでいいかもしれない」という声が。まるで我が子のように目を細めながらロボットペットを紹介する夫婦の表情にも「可愛らしくて、目がキラキラして、ロボ愛に満ちた雰囲気がロボットの世界観を魅力的に演出してるのステキ」という声が寄せられた。

次回の放送は9月29日。甘いだけではない「抹茶スイーツの世界」、トレンドを先取る「ハッシュタグの世界」を取り上げる。

10月27日(火)よる7時から放送の「火曜サプライズ」では、伊藤健太郎と三吉彩花が得意の料理を披露!さらに、良純&一茂&DAIGOの60分1本勝負では、箱根常連の一茂が行きつけのお店を巡る。 ◆伊藤健太郎と三吉彩花のサプライズ冷蔵庫 冷蔵庫に入

ページトップへ
Twitter Facebook