作曲家の服部隆之と娘の服部百音が、8月29日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

父・隆之は、話題のドラマ『半沢直樹』(TBS系、毎週日曜21:00~)をはじめ、NHK大河ドラマ『真田丸』など数々の名作ドラマや映画のテーマ曲を手掛けた名作曲家。娘の百音は、海外の名誉あるヴァイオリン・コンクールにおいて史上最年少となる10歳で優勝し、その後も多くの音楽賞を総なめにする天才ヴァイオリニストとして活躍している。

阿川佐和子、服部百音、服部隆之
阿川佐和子、服部百音、服部隆之

そんな2人を生み出した服部家は、100年続く音楽一家。隆之の祖父である服部良一さんは、「東京ブギウギ」や「青い山脈」など戦後のヒット曲を作った作曲家。そして、隆之の父・服部克久さんも、『ザ・ベストテン』のテーマ曲などを手がけた名作曲家だったが、今年6月、多くの人に惜しまれながらこの世を去った。隆之は「まだ、実感がない」と心の内を明かすと、父・克久さんとの思い出や、服部家ならではの“絆”について語る。

そして、涙ながらに「本当は、祖父にも色んなことを聞きたかった」と思いを吐露した百音は、克久さんが作曲し、三代で共演したという思い出の曲を父・隆之と共に披露する。

服部克久さんが作曲した思い出の曲を披露する
服部克久さんが作曲した思い出の曲を披露する

また、隆之は自身の手掛けたドラマのテーマ曲の、知られざる制作裏話を披露。『半沢直樹』では、監督から「最高にいいんだけど、バッチシなんだけど、ダメなんですこれじゃ」とダメ出しが入ったそうで……。そして、『真田丸』のほかに『HERO』や『王様のレストラン』など、名作ドラマのテーマ曲に込めた思いや誕生秘話を明かす。

教科書を深読みしたら、教科書はもっと面白くなる!2月28日(日)夜6時30分から「教科書で一番笑わせられる人決定戦 楽しく学べる!最強教科書クイズ」を放送! テレ東のゴールデンタイムでは珍しい(?)異色のクイズ番組のMCを、今田耕司、小杉竜一、テレ東初MCの芦田愛菜が務める。ただのクイズ番組ではなく、教科書を題材にした問題に対し、大喜利で笑いを取らないと解答権が得られないルールで、教科書を「楽しみながら深掘り」。解答者は、「笑わせ担当」2人と、クイズが得意な「インテリ」1人、3人1チームとなって

ページトップへ
Twitter Facebook