堺雅人が主演を務める日曜劇場『半沢直樹』(TBS系、毎週日曜21:00~)。8月23日に放送される第6話では、政府に盾をついた半沢直樹(堺)がピンチに陥る。

同ドラマは「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になった大ヒットドラマの7年ぶりの新作。池井戸潤の「半沢直樹」シリーズから、「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」を原作に、東京中央銀行のバンカー・半沢が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終話を終えた前作のその後が描かれる。

前作のメインキャストだった上戸彩及川光博片岡愛之助北大路欣也香川照之は続投。第5話から経営不振にあえぐ帝国航空を舞台にした「銀翼のイカロス」編がスタートしている。

<第6話あらすじ>
政府による500億もの債権放棄の要求を拒否した半沢。何としても帝国航空を自力再建させるため再建案作りに励むが、人員削減という大きな壁にぶつかる。現場の職員と向き合う帝国航空・財務部長の山久(石黒賢)の疲労はピークに達していた。

一方で、政府に楯突いた半沢の態度が気にいらない国土交通大臣の白井(江口のりこ)は進政党幹事長の箕部(柄本明)の力を借りてある刺客を銀行へと送り込む。こうして始まった金融庁の緊急ヒアリングで、ある重大なミスが発覚。銀行沈没の大ピンチに!?

吉川愛と板垣李光人が、4月1日にスタートするモクドラF(※)『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)でW主演を務める。 ※枠タイトル名変更について文末に記載。

ページトップへ
Twitter Facebook