三浦大知が、3月6日放送の『A-Studio』(TBS系、毎週金曜23:00~)にゲスト出演する。

同番組は、MCの笑福亭鶴瓶上白石萌歌が自ら事前に徹底取材を行い、ゲストの素顔に迫るトーク・バラエティ。ゲストには内緒で、彼らの家族や親友など関係者に会いに行き、その人となりを紐解いていく。

三浦は、沖縄県出身で1997年、9歳のときダンス&ボーカルグループ・Folderのメインボーカルとしてデビュー。その後、変声期に5年間の活動休止を経て、2005年にソロデビューした。

天性の歌声とリズム感、抜群の歌唱力と世界水準のダンスで人々を魅了するエンターテイナーで、昨年2月には「天皇陛下御在位三十年記念式典」にて上皇ご夫妻が作詞・作曲された「歌声の響」を歌唱するなど、ますます目が離せない。

今回、鶴瓶たちは三浦のゲーム仲間だというピアニストの清塚信也に取材。オンラインゲームで垣間見える三浦の人柄と素顔が明らかになる。

そして約20年ぶりに、Folderのメンバー全員、AKINA、ARISA、HIKARI(満島ひかり)、NATSUMOEJOEが三浦のために集結。最年少メンバーなのにマセていたなど、当時の三浦や寮生活の思い出をメンバーが次々と証言する。

さらに、上白石のバースデーを祝って、「島人ぬ宝」をアカペラで披露。話題の金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の主題歌「I'm Here」もスタジオスペシャルライブで歌唱する。

ページトップへ
Twitter Facebook