ドラマに引っ張りだこの清原翔が御曹司役で出演

上白石萌音佐藤健が出演する火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系、毎週火曜22:00~)の最新話が2月25日に放送。第7話となる今回は、俳優の清原翔が御曹司役で出演し、上白石演じる佐倉七瀬と、佐藤演じる天堂浬の関係を揺るがしていく。

小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画を映像化した本作は、生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、通称“魔王”と言われる超ドSドクター・天堂(佐藤)に一目ぼれをしたことがきかっけでナースとなった主人公の七瀬(上白石)が、医療の現場で懸命に命に向き合いながら無謀な恋にも立ち向かう、恋と成長を描いた胸キュンラブストーリー。

第7話からは、清原が演じる大企業社長の御曹司・上条周志が登場する。難しい症例の病を抱えていた上条は、ある日、ひょんなことから街中で七瀬と知り合う。そして、七瀬が看護師だと知ると、特別室のVIP待遇で日浦総合病院に入院。さらに、七瀬を自分専属の看護師に指名するのだった。

七瀬に好感を抱いた上条がどんな行動を取り、天堂とはどう対峙するのか。新キャラクターも加わり、物語はクライマックスに向けて大きく動き出す。

上条を演じる清原は、男性ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして人気を博し、最近はCMやドラマなどにも出演。昨年放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』では、広瀬すず演じるヒロインの兄を演じて、一躍脚光を浴びている。

今回の出演について清原は「TBSのドラマには何度かゲストで出演させていただいているのですが、みなさんに雰囲気をよくしていただいて、今回もとても入りやすい現場でした。それは、演技にも反映されていると思います」と回顧。

メインの2人との共演については、「七瀬役の上白石萌音さんは、誰にでも気さくに接していて、礼儀正しくて育ちの良さが出ていて、素直にいい人だなって思いました。患者がナースに恋をする設定は、ないことはないなと思いました(笑)。優しいし、ある程度の身の回りのことをやってくれて、惚れてしまう気持ちはわかります(笑)。天堂役の佐藤健さんは、いろんな作品を見させていただいていたすごい方なので、とても緊張しました」と心境を明かした。

最後は視聴者へ向けて、意気込みをコメント。「第7話から、七瀬ちゃんと天堂先生の仲をごちゃごちゃさせる役をやらせていただきます。楽しんでやらせていただいています。みなさまぜひご覧ください!」とメッセージを伝えた。

<第7話あらすじ>
天堂の元恋人の妹・若林みおり(蓮佛美沙子)が天堂に告白したことで、自分が天堂に釣り合うのかと不安な気持ちになった七瀬。みおりの告白を目撃し、不安な胸中を天堂や流子(香里奈)に打ち明ける。そんな七瀬の気持ちをくみ取った流子は、天堂との遊園地デートを提案。七瀬は初めての遊園地デートに心浮かれるが、追い打ちをかけるようにみおりから宣戦布告をされ……。

一方、日浦総合病院には、七瀬とひょんな出会い方をした上条周志が、VIP待遇で特別室に入院してくる。七瀬の純粋な姿に好感を抱いた上条は、自分専属の看護師に七瀬を指名。さらに、天堂が七瀬の彼氏だと知ると、まるで天堂を挑発するかのような行動を次々と起こし……。

佐藤二朗が主演するドラマ24『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の最終話が、9月25日に放送。インターネット上では、タイムスリップした大鉄(佐藤)の衝撃展開に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook