FUJIWARA、田村淳

田村淳ロンドンブーツ1号2号)とFUJIWARA原西孝幸藤本敏史)が移住者のリアルをのぞき見体験する『前略 ロンブー淳様 私、移住しました』(信越放送/TBS系)が、2月23日(日)16時から放送される。

人気No.1の移住先・長野県。最近は20~40代の若い移住者が多く、新たな移住スタイルも生まれているという。今回は、個性あふれる3人の移住者から届いた手紙を元に、田村らが自宅を訪問。移住する前と後での生活の変化、仕事やお金のこと、そしてそれぞれが求める生き方とは? 移住に隠された様々な人生を紹介する。

まずは、村民の多くが花火師という山間の集落で、伝統花火に一目ぼれし、家族を連れて移住すると勝手に決めた男性とその家族に密着。

次は、移住してから狩猟に夢中になった音大卒のお嬢様が登場。彼女は築90年の民泊施設の管理人をしており、ジビエ料理を食べ、宿泊客や地域住民と家族のように生活しているという。

そして、氷点下の中、あえて物置で寝起きする男性も 。調理はたき火、極寒の夜を寝袋で凌ぐワイルドな暮らしぶりに、田村らも驚愕する。

6月1日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜深夜)では、東京・中目黒駅で出会った、中国人モデル・LEE YOKOさんの家について行きました。【配信終了:6月9日(火)】動画はこちらスタッフがYOKOさんに声をかけると、「面白そう!」と取材OK。来日して5年目になるYOKOさんは、母国・中国の大学を卒業し、東京芸術大学に留学生としてやってきました。現在はモデルをしているとこのこと。映画「21世紀の女の子」に出演し、「東京国際映画祭」のレッドカーペットも歩いた経歴の持

ページトップへ
Twitter Facebook