ナインティナイン岡村隆史が、1月31日に放送される『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系、毎週金曜20:57~)にゲスト出演。昨年11月の初出演の際に思い出話が盛り上がりすぎて放送に入りきらなかった秘蔵映像やお宝映像を公開するほか、岡村を芸能界に導いた意外な人物や、過去のコンビ解散危機を語る。

岡村がまず語ったのは、「なぜ芸能界に入ったのか」。岡村をテレビの世界へ導いたのは、同学年で、後に日本のスポーツ史に名を刻む天才スポーツ選手との出会いだったという。その後、芸人・岡村の最大の武器と言っても過言ではない「ブレイクダンス」に出会うキッカケとなった小学生の頃のエピソードも告白。しかし、中学3年生の時の三者面談で、ダンスをやめざるを得なくなった事件も語る。

さらに、高校時代にサッカー部で出会った、相方・矢部浩之との初対面でのエピソードも公開。だが、お笑いを始めるキッカケとなったのは、相方の矢部ではなく、同じサッカー部の先輩だった矢部の兄・美幸さんなのだという。そして、1990年にナインティナインを結成、本格的に芸能界を目指すようになったのだった。

また岡村は、ナインティナインが続けてこられたのには2人の恩人がいると告白。1人目は、吉本に入る際の大ピンチを救って貰った、吉本興業ホールディングスの現会長・大崎洋氏。2人目は、30年の歴史の中で、たった一度だけ起こった解散危機を救ってくれた大恩人。その大恩人がスタジオに登場。「あの時救って貰わなかったら、今、ナインティナインはここにいないかもしれない」と、岡村は直接お礼を伝えた。そして、ラストには事件が……。

26年来の親友である中居正広がMCを務める『金スマ』だからこそ語られた、岡村のマル秘エピソードトークに注目が集まる。

千鳥(大悟・ノブ)、かまいたち(山内健司・濱家隆一)の初冠番組 日本テレビで放送の「千鳥vsかまいたち」。3月7日(日)放送分は、「成田凌くんの記者会見を成功させよう!」がテーマ。番組冒頭、ノブが「さあ、視聴者の方からお悩みが寄せられているということでございま

ページトップへ
Twitter Facebook