佐藤健、毎熊克哉、上白石萌音

上白石萌音佐藤健が出演する火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第3話が、1月28日に放送される。

小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画を映像化した本作は、生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、通称“魔王”と言われる超ドSドクター・天堂浬(佐藤)に一目ぼれをしたことでナースとなった主人公・佐倉七瀬(上白石)が、医療の現場で懸命に命に向き合いながら無謀な恋にも立ち向かう、恋と成長を描いた胸キュンラブストーリー。

<第3話あらすじ>
七瀬(上白石)が倒れたと聞き心配でお見舞いにきた来生晃一(毎熊克哉)と、七瀬の部屋に忘れものを取りに来た天堂(佐藤)が鉢合わせに。来生は自分が七瀬を看病するから天堂には帰っていいと促すも、なんと七瀬は部屋で天堂と一晩2人きりになる。翌日、目が覚めると天堂の姿はなく、病院ではいつも通り天堂に厳しく指導される日々が始まる。

しかし、天堂を意識してか、針を得意としていた七瀬は、入院患者の巣鴨をはじめ立て続けに注射の針刺しに失敗してしまう。患者からの目も同僚からの目も厳しくなる中、天堂には研修医時代を一緒に過ごした恋人がいたという過去を知ってしまい……。

複雑な思いを隠しきれない七瀬だが、一人前の看護師として認めてもらうため注射の練習を始めると、来生が腕を貸し練習台に。七瀬は、天堂の恋人と同じく研修医時代に仲が良かった来生から、当時の様子を聞く。

一方、仁志琉星(渡邊圭祐)は映画館で出会って一目ぼれした流子(香里奈)と病院内で再会することに。実は仁志の上司である結城沙世子(片瀬那奈)と犬猿の仲だったことが発覚し、仁志の恋の行方に暗雲が立ち込める。

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系、7月19日スタート、毎週日曜21:00~)のオンライン制作発表が12日、都内で行われ、主人公の半沢直樹を演じる堺雅人ほか、共演者の上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook