ムロツヨシ、伊藤英明、中谷美紀

1月17日スタートの伊藤英明が主演を務めるドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系、毎週金曜22:00~)の制作発表が9日、都内で行われ、伊藤のほか中谷美紀ムロツヨシ松本穂香片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)、余貴美子が登壇した。

「ビッグコミック増刊号」(小学館)で現在も連載中の、こやす珠世による同名コミックが原作。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う、1話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

伊藤は冒頭、「自分自身、子供が2人生まれて、その中で20代の頃から見守ってくれた第2の父と言っても過言ではない事務所の社長を亡くし、そしてかわいがっていただいた津川雅彦さんを亡くし、人の生と死、人生の岐路を感じているときにこういう素晴らしい役をいただいたことに感謝しつつも、深い縁を感じます。今、素晴らしいキャストと素敵なスタッフに囲まれながら撮影をしていますが、本当に手ごたえを感じます」と思い入れたっぷりに挨拶。

照円を演じるにあたり、3年ほど伸ばした髪の毛を剃髪。また、撮影が始まる前に般若心経を覚えようとジムの浴場で唱えていたところ「市川海老蔵さんがジムでお経を唱えているといううわさが広まったんです(笑)。ドラマの情報が解禁されて伊藤英明だっておさまりがついたんですけど、その間に不気味がられた海老蔵さんに謝りたい」と明かし、笑わせた。

照円とは意見が異なる部分がありつつも、お互いの実力を認め協力しあう女医・三宅涼子を演じる中谷は、元々無宗教だったというが「伊藤演じる松本のキャラクターがとても人間味にあふれていて、情熱的で、とても魅力的だったものですから、この際地獄の果てまでお供したいというふうに気持ちが傾いて参りました」と心境の変化を明かした。

照円と度々衝突する天才心臓血管外科医・濱田達哉を演じるムロは、医師役は初挑戦にもかからわず「説得力が増すように、取材では医者役は11回目と言っております」と自ら嘘をついていることを告白。制作発表前に初回の試写を見た記者たちに「どうですか? 私は心臓外科医だったでしょうか?」と問うと、拍手が起こり、ホッとした表情を見せていた。

片寄は照円に何かと反発するさとり世代の研修医・田中玲一を演じるが、田中との共通点を聞かれると「冷めているというより、まだ自分の技術が追い付いていないことと、理想の間で葛藤しているところに共感できる」とコメント。自身はさとり世代というゆとり世代で「意図せずむかつかせてしまう瞬間があるので、気を付けたい」と頭をかいていた。

伊藤、中谷、ムロは同級生。撮影現場での“同級生エピソード”を聞かれると、ムロは「伊藤さんが“鍋が食べたい”と言っているので、いつか私が鍋を振る舞いたい」と宣言。それに中谷が「80人分? スタッフとキャストの」と質問すると、「作ります! 5種類くらい作りますよ!」と大盤振る舞いを約束。伊藤は「中谷さんが毎回おいしい差し入れをしてくれるので、毎日それが楽しみ。昨日も見たことのない洋菓子のような和菓子のような……口の中でほろっと溶けるアーモンド風味のやつでした」と報告すると、ムロに「それは絶対洋菓子でしょ!」とツッコまれていた。

赤楚衛二さんと町田啓太さんが出演するドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京ほか、毎週木曜深夜1:00~)が10月8日(木)より放送スタート。原作は、通称「チェリまほ」としておなじみの同名コミック。「全国書店員が選んだおすすめBL コミック2019」で、第1位を獲得した人気作です。

ページトップへ
Twitter Facebook