竹内涼真

TBSでは11月14日(木)20時から『サッカーワールドカップ2次予選「日本×キルギス」』を放送する。メインキャスターには『SUPER SOCCER』(毎週日曜24:50~ ※一部地域を除く)でMCを務める加藤浩次、そしてTBSスペシャルサポーターには、2020年1月にスタートする日曜劇場『テセウスの船』に主演する竹内涼真が決定した。東京スタジオでの解説にはサッカー元日本代表の鈴木啓太を迎え、日本代表を盛り上げる。

竹内は日本代表がベスト8進出にあと一歩と迫った昨年のロシアW杯でも加藤とともにキャスターを務めた。現日本代表メンバーの中島翔哉選手らと共に東京ヴェルディのユースチームに所属していた竹内が、その経験を活かしたコメントやリポートでサッカーファンを大いに喜ばせたことも記憶に新しい。

今回の実況中継の間、東京スタジオの加藤、竹内、鈴木は副音声も担当。3人は2017年のキリンチャレンジカップ「日本×ハイチ」戦でも副音声を担当しており、試合前半から歯に衣着せぬトークが展開されそうだ。

森保一監督率いる日本代表は、2020年に開催されるカタールW杯に向け、アジア2次予選開幕から、これまで3連勝と順調な滑り出しを見せている。折り返しとなる4戦目の相手は、現在グループ2位につけるキルギス。自力でグループ突破できるのは首位チームのみのアジア2次予選だけに、首位決戦となるこの試合は絶対に落とせない一戦になる。

決戦の地は厳しい環境が予想される、敵地・キルギスでのアウェー戦。ちょうど1年前、豊田で行われた親善試合では4‐0で日本が快勝したが、大観衆の後押しを受ける相手だけに予断は許されない。

注目は、18歳・久保建英選手の代表初ゴールだ。決めれば金田喜稔氏が持つ史上最年少記録(19歳119日)を更新する歴史的な瞬間となるだけに、「日本の至宝」のプレーに期待が高まる。

株式会社テレビ東京(本社:東京都港区、社長:石川一郎)、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)が開催する、高校対抗のeスポーツ全国大会『Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2020(読み:コカ・コーラ ステージゼロ イースポーツ ハイスクール チャンピオンシップ ニセンニジュウ)』は、9月19日(土)~22日(火・祝)の4日間にわたって高校生eスポーツプレイヤーの頂点を決める『STAGE:0 2020決勝大会』を開催い

ページトップへ
Twitter Facebook