}
ゴン(中村倫也)、凪(黒木華)

黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系、毎週金曜22:00~)の最終話(第10話)が、9月20日に放送される。

月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中の同名漫画を原作に、他人の目を気にしすぎる28歳のOL・大島凪(黒木)が、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す様を描く人生リセットストーリー。凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。さらに、市川実日子片平なぎさ吉田羊三田佳子らが出演する。

先週放送の第8話では、ゴンの告白シーンにSNS上で反響が殺到。「凪ちゃんだけのちぎりパンになるて…もう最高かよ…あんな風に告白されたい」「一生懸命凪ちゃんに告白する姿が可愛すぎて母性が爆発する」「目の真剣さに何度見ても泣けちゃいます」などのコメントで盛り上がっていた。

<最終話 あらすじ>
凪 (黒木)と慎二 (高橋)は、両家顔合わせで今まで言えなかった家族への不満をぶつけ、互いに距離が縮まったと感じていた。そんな2人の前にゴン (中村)が現れ、凪に決死の告白。凪をめぐる慎二とゴンの三角関係にいよいよ終止符が打たれる。果たして、凪が選んだ選択とは!? そして、お暇生活の結末とは……?

中川大志が、3月14日(土)21時から放送されるBS-TBS開局20周年記念ドラマ『左手一本のシュート』(BS‐TBS)で主演を務めることが決定し、1月25日に都内で行われた記者会見に出席。中川演じる主人公・田中正幸の高校バスケ部顧問役で駿河太郎、中学バスケ部顧問役で石黒賢、母親役で永作博美が出演することも発表された。

ページトップへ
Twitter Facebook