木村文乃が、9月3日に都内で行われたSPECサーガ完結篇『SICK'S厩乃抄』の完成披露試写会に出席。共演の松田翔太竜雷太堤幸彦監督、植田博樹プロデューサーらも登壇し、それぞれの思いを語っていた。

SICK’S』は恕・覇・厩の三部作で構成、最終の抄である『厩乃抄』が9月14日(土)24時から動画配信サービス「パラビ」で独占配信。また、前抄である『覇乃抄』地上波濃縮版が、TBS系にて9月9日(月)25時3分から14日(土)にかけて6夜連続で放送される。

『厩乃抄』は、『ケイゾク』『SPEC』に続いて、人間の特殊能力と進化のさまを描く『SPECサーガ』の最新作『SICK'S』の最終抄。“最終抄”と言われているが、堤監督は「皆さまが続けろとおっしゃるのならば、続けられるかも」と思わせぶりな発言をすると、木村も「誰も結末が分からないまま撮影しており、わたしも最終抄と思ってやっていませんでした。どうなるか分からない」と、けむに巻く。

それでも木村は「『厩乃抄』がクライマックスと言われるのは、シリーズ20年の歴史が詰まった作品だから。それに向き合う私たちは、辛く大変に思うこともありましたが、広げた風呂敷はしっかりと回収しているので、ファンには見どころがたくさんあると思いますし、これまでが走馬灯のように蘇る、堤・植田ワールドが展開します」と自信をのぞかせる。

また『ケイゾク』から20年に渡りシリーズに出演している竜は「堤監督、植田プロデューサーらスタッフの方々、応援してくださる皆さんのおかげで20年やらせてもらっています」としみじみ語ると「このシリーズが終わってしまうと、生きがいがなくなってしまうので、よろしくお願いします」と堤監督に続編をおねだり。さらに竜は「作品を観ていると、すごく家族のような温かな気持ちになるんです」と良い雰囲気で撮影が続いてきたことを明かすと、木村も「いつもよろしくお願いしますと(竜の楽屋に挨拶にいくと)両手を広げて、孫娘のように受け入れてくれるんです」と嬉しそうに語っていた。

松田も「最初コミュニケーションが取れなかったのですが、最後は目を見てしゃべってくれました」と、木村との関係性が成熟してきたことを伝えると、木村も「『厩乃抄』で(木村演じる)御厨が(松田演じる)高座に弱みを見せるのですが、そのことによって絆が強くなったんですよね」と2人のなかで、進展があったことを明かしていた。

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系、7月19日スタート、毎週日曜21:00~)のオンライン制作発表が12日、都内で行われ、主人公の半沢直樹を演じる堺雅人ほか、共演者の上戸彩、及川光博、片岡愛之助、今田美桜、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之が出席した。

ページトップへ
Twitter Facebook