9月1日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)では、プロサッカー選手の中島翔哉(25)に密着する。

サッカー日本代表の10番を背負う中島。サッカー選手としては小柄な164cmのプレースタイルは明快だ。パスを受ければ前を向き、自らドリブルで相手を突破し、最後はたとえ強引でもシュートで終わる。

違いの作れるアタッカーである一方、時にワンマンプレーと捉えられることもある。「昔は今よりもっと自己中でしたよ……」。そう語る中島だが、個を全面的に出すプレーは、これまで協調性やチームワークに偏重しがちだった日本代表に変化を生んだ。

今年3月の「日本VSボリビア戦」。攻撃の糸口を掴めず試合は膠着していた。しかし、後半16分。中島が途中出場すると、試合の流れは一変。中島は果敢にドリブルで駆け上がり、チャンスメイク。後半31分、堂安律南野拓実と中島の見事な連携から、最後はペナルティエリアに切り込んだ中島が、DFの股抜きゴールを決め、1-0で日本代表は勝利した。

そんな中島の快進撃は、2年前から始まった。2017年。中島はFC東京からポルトガル1部リーグのポルティモネンセに移籍すると、初年度から10ゴール、13アシスト。ヨーロッパのクラブから注目が集まり、中島の評価は一気に上がった。そんな中、今年2月。カタールの強豪アル・ドゥハイルに電撃移籍。移籍金はまさかの約44億円。これは、日本人はもとより、アジア人として史上最高額を記録した。今回番組では、日本のメディアでもほとんど取り上げられることのなかったカタールでの様子から、わずか5か月後の今年7月にヨーロッパ屈指のビッグクラブFCポルト(ポルトガル)に背番号10番として移籍するまでの8か月を追った。

日本人にあまり馴染みが無く、世界的に見ても決してレベルが高いとは言えないカタールリーグへの移籍。世間からは遠回りと思われた決断に隠された思いとは? そして、新天地のポルトの10番が見据える、これからとは――?

TBSで放送中の『NEWS23』では、3月4日(木)の音楽コーナー「news23 MUSIC」で、GReeeeNが書き下ろした『東日本大震災10年プロジェクト「つなぐ、つながる」』のテーマソング「蕾」をスペシャルバージョンでお届けする。 社会的なメッセージ・現象に寄り添う楽曲やアーティストの活

ページトップへ
Twitter Facebook