緑(三田佳子)から初恋だと諭されたゴン(中村倫也)

黒木華が主演を務めるドラマ『凪のお暇』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話が、8月23日に放送。大島凪(黒木)は隣人の安良城ゴン(中村倫也)と別れ再びリセット人生をスタートさせる。一方、凪から鍵を返されたゴンは自分の中のある気持ちに気が付き……。

月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店)で連載中の同名漫画を原作に、他人の目を気にしすぎる28歳のOL・凪(黒木)が、会社、彼氏、部屋、SNSなど、ありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す様を描く人生リセットストーリー。凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、凪のアパートに住む謎の隣人・ゴンを中村が演じる。さらに、市川実日子片平なぎさ吉田羊三田佳子らが出演する。

公式HPで公開されている第6話の予告映像では、「凪ちゃんを見てると胸がチクッとする」と訴えるゴンに対して同じアパートに住む吉永緑(三田)が「それは初恋ね」と諭すシーンが。また、ゴンが「恋、しんどい」とつぶやきながら凪に後ろから抱き付くドキドキのシーンも。今度はゴンが凪に“闇堕ち”してしまうのか!?

<第6話あらすじ>
凪(黒木)はママ(武田真治)から声をかけられ、スナック「バブル」2号店でボーイとして働くことに。ママや杏(中田クルミ)の接客の邪魔にならないように、こそこそと雑用を片付けるが、時折、お客さんから話を振られてもうまく答えることが出来ず落ち込む凪。そんな時、ゴンの一件以降、会っていなかった龍子(市川)が店に訪れ、凪に就職が決まったことを報告する。

一方、ゴン(中村)は凪から返された鍵を見つめ、自分の中に起きている感情の変化に戸惑っていた。凪のことを考えると胸がチクッとする、この胸の痛みがなんなのか分からないでいると、緑(三田)からそれは“初恋”だと言われる。凪のことを好きだと自覚したゴンは……。

そして、慎二(高橋)は、会社の同僚の円(唐田えりか)と交際をはじめ、凪を忘れようと楽しいオフィスラブを送っていた。

2018年12月に放送された“日テレの朝ドラ”『生田家の朝』(日本テレビ系)が、10月1日から再び放送されるが、このほど脚本を担当するバカリズムと企画・プロデュース・主題歌を担当する福山雅治が、「生田家」を電撃訪問した。

ページトップへ
Twitter Facebook