玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹

木村拓哉が主演を務める10月スタートの日曜劇場枠のタイトルが『グランメゾン東京』(TBS系、毎週日曜21:00~)に決定。また、玉森裕太Kis-My-Ft2)、尾上菊之助及川光博沢村一樹らが出演することが明らかになった。

木村が令和最初に出演する同ドラマで演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男だ。どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

今回、ジャニーズ事務所の先輩・木村と今作がドラマ初共演となる玉森が演じるのは、フランスで尾花の弟子として働いていた平古祥平。尾花に憧れてフランスに渡り、料理の腕は確かだがスタッフを蔑ろにする尾花の人間性に耐えながら修業。現在は、日本で一流ホテルのブッフェレストランのシェフを最年少で務めている一方で、同じ料理を作る日々に物足りなさも感じているという役どころだ。

玉森は「料理人役は一度やったことがありますが、ここまでしっかり料理を見せる役をやることがなかったので、今、料理の勉強や練習を必死に頑張っているところです」と言い、「ドラマを撮っている最中には一流のシェフになっている予定なので、是非楽しんでいただけたらと思います」とアピール。

また、木村との共演を「緊張と期待と素直にうれしいという気持ちです。でも、楽しみな気持ちが一番大きいです」と明かし、「木村さんとは現場に入ってからたくさんお話する機会があると思うので、いろいろとアドバイスをいただきたいと思います。役柄としては、最初は木村さん演じる尾花に冷たく対応するので、その演技は緊張します(笑)。ですが、しっかりと演じきりたいと思います」と意気込む。

同じく本作が木村と初共演となる尾上は、尾花の宿敵となるシェフ・丹後学を演じる。東京で三つ星獲得が確実と目される、一つ星高級フレンチレストラン「gaku」のシェフ。パリでの修業時代、尾花と同期だった丹後は先に自分の店を持つが、後に出店した尾花が先にミシュランの星を獲得するという屈辱を味わう。尾花に対して長年コンプレックスを抱えている反面、尾花の才能を良く知る人物でもある。ことあるごとに尾花の前に立ちはだかる因縁のライバル・丹後は、「グランメゾン東京」が三つ星を目指していくうえで、ストーリーの大きな鍵を握る存在となる。

尾上は丹後について、「木村さん演じる感覚的で才能あるシェフの尾花に対し、努力家です」と言い、「一流シェフというのは、人格的にも慕われている方が多いと伺いました。尾花をライバル視はするものの、人間的には非常に豊かで人の気持ちがわかり、シェフの規範とされる人物だと思っています」と分析。

また、「“一皿”に対して表現する料理人と、“一役”に対して表現していく役者。 表現方法は違えど料理人と役者は通ずるものがあると思っていますので、歌舞伎の舞台に向かうのと変わらない気持ちで、丹後学という役に向きあいたいと思います」と宣言し、「木村さんをはじめ素晴らしい方々と共演させていただけるので、撮影に入る日を心待ちにしています。そして、今は食べることが専門ですが(笑)、以前は料理に凝って自分でもよく作っていました。ドラマでどんな料理が出てくるのか、そちらもとても楽しみです。 昨年の『下町ロケット』から一年後にまたこの日曜劇場に帰ってくることが出来て嬉しく思います。今回も、この作品をたくさんの視聴者の方々に楽しんでいただけたら幸いです」とコメントを寄せている。

及川が演じるのは、平古と同じくパリ時代に尾花と共に働いていた相沢瓶人。尾花の理解者であり腐れ縁である一方で、彼に対して少しの引っ掛かりを感じている。現在は、レシピサイトに動画を投稿するなど、フリーの料理人として人気を博し幅広く活躍。その傍らで、フランス人の妻との間にもうけた一人娘・アメリーをシングルファザーとして育てている。

及川は「独自のセンスを持ち、レシピ動画や料理教室で活躍しています。僕自身はほとんど料理をしませんが、なぜか昔から“やればできる”と信じています(笑)。ちなみにハムエッグとナポリタンが得意です」と告白。

今回の共演者について「メンバーがすごい。たっくん(木村さん)&きっくん(菊之助さん)の演技バトルが楽しみですね。たまちゃん(玉森くん)との共演も久しぶり。さらに沢村さんも京香姉さんも……とワクワクが止まりません! 取り急ぎ、感性という心の包丁をしっかり研いでおきます!」と共演を楽しみにしている様子だ。

そして、沢村は尾花と二人三脚でパリの店を二つ星レストランにした支配人・京野陸太郎を演じる。パリでの修業時代、尾花や丹後の兄弟子であった京野だったが、自身の才能の限界に気づき料理人を諦め、尾花がパリで店を立ち上げる際の共同経営者となる。しかし尾花の失脚と閉店に伴い、店の借金を背負って帰国。今では尾花のライバルである丹後がシェフを務める高級フレンチレストラン「gaku」でギャルソンとして働いており、新しい店には京野の力が不可欠、と誘う尾花に対し割り切れない思いを抱えているという役どころだ。

沢村は演じる京野について「努力家で、シェフという夢に真っすぐ歩んできた人物です。ただ、そこで尾花という才能あるシェフを目の当たりにして、夢を諦め尾花のビジネスパートナーとして彼を支えるようになります。きっとそれは『才能に対する憧れ』だと思います。シェフ尾花と尾花の才能に恋している京野、その関係性も作品の見どころだと思っています」とコメント。

木村とはスペシャルドラマ『宮本武蔵』(テレビ朝日系、2014年)で宮本武蔵(木村)と佐々木小次郎(沢村)として対決。共演は『アイムホーム』(テレビ朝日系、2015年)以来4年ぶりとなるが、「木村さんは、どの引き出しを開けたらシーンが一番成立するのか、アイデアをたくさん持っている方。今回の共演も非常に楽しみにしています」と期待を込めた。

さらに、「星を狙うレストランの舞台裏というのは、皆さんが今まで感じたことのない視点なのではないかと思います。レストランを作る大変さとその中にある情熱を、日曜の夜に皆さんに伝えられるよう、スタッフ・出演者一同、力を合わせて思い出に残るような作品にしたいです」と意気込みを寄せている。

演出は塚原あゆ子、プロデュースは伊與田英徳とこれまでTBSでヒット作を作ってきた2人が担当。伊與田プロデューサーは「木村さんを中心に、この素晴らしいキャストの皆さんと、三つ星を目指すレストランのドラマに全力で挑んでいきますので、是非楽しみにしていただければと思います」とアピール。

両者の化学反応で、個性的なキャラクターと豪華な出演陣がどのように彩られ、木村をはじめとした出演者たちがどのような“一皿”を創りあげるのか、王道の人間ドラマに期待したい。

ページトップへ
Twitter Facebook