宮本信子が夫である伊丹十三監督への思いを語る

女優の宮本信子が、7月6日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

夫である伊丹十三監督のデビュー作・映画『お葬式』をはじめ、10本の伊丹作品に出演してきた宮本。映画『あげまん』では男にツキをもたらす芸者役、『スーパーの女』では経営不振のスーパーを立て直す主婦など、様々なキャラクターを演じて多くの人々を魅了し続けてきた。

中でも見る者に強烈なインパクトを与えたのは、映画『マルサの女』での、おかっぱ頭にソバカス姿のヒロイン役だった。番組では宮本が伊丹監督と打ち合わせをしながら、これらの強烈なキャラクターを作っていく様子を納めた貴重な映像を公開。“厳選”から始まるという伊丹作品の名場面の裏側に迫る。

また、宮本は、22年前に訪れた伊丹監督との“死別の時”を回顧。辛かったり、悲しかったりする気持ちを「考えない。全て冷凍庫にしまって凍らせました」と振り返り、映画監督であり、師匠であり、夫であった伊丹監督の“死”をどのように乗り越えたのかを阿川に打ち明ける。

そしてトークは、2016年にニューヨークで30年ぶりに上映され、行列が出来るほど脚光を浴びた、映画『タンポポ』の話に発展。そのほか、「ずっと映画は撮りたくない」と語っていた伊丹監督が映画を撮り始めたきっかけや、開館から13年目を迎える「伊丹十三記念館」のこと、夫への変わらぬ思い、そして、歌う楽しさに目覚めたジャズについてなど、様々な話題が宮本の口から語られる。

ページトップへ
Twitter Facebook