石原さとみが主演を務める火曜ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系、7月9日スタート、毎週火曜22:00~)の制作発表記者会見が行われ、石原をはじめ、福士蒼汰志尊淳勝村政信段田安則岸部一徳が出席した。

原作は「週刊スピリッツ」(小学館)で連載された佐々木倫子の同名漫画。「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求を叶えるためだけにレストランをオープンした風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原)と、個性豊かな従業員たちによる“至極のフレンチコメディ”だ。

物語の舞台となるレストラン「ロワン・ディシー」セット内で開催された会見。石原は「もうじきオンエアかということでワクワクしています」と挨拶し、福士は「現場も仲良く和気藹々とできている」と、コメント。ところが、志尊が「素敵なセットで撮影しています」と話し始めると、石原が「いつもの役柄っていうよりも、“志尊淳”だなと思って」と笑うなど、さっそく仲の良さを垣間見せた。

また岸部は「石原さんたちがなんとか私を引っ張ってくれて。もうちょっと、もうちょっとで終わるんですけど」と疲労感をにじませる。そんな岸部について石原は「すごくお茶目」とにっこり。岸部は「本当はお茶目なんです」と受け入れるも、「志尊くんとは50歳くらい離れてるから、話が合わないんです」とぶっちゃけ。だが「時々、(トークに入れる)隙間を空けておいてくれる」と続けると、志尊は「言葉を選ばずに言うと、勝村さんと岸部さんが一昔前の話をされていて(笑)。その会話を理解したいなと思って、いろいろ調べている」と明かした。

ここで、志尊が石原について「現場では“大阪のおばちゃん”って言われてます」と暴露。「ちょっとぉ!」と勢いよくツッコんだ石原だったが、勝村から「本人はツッコミだと思ってるみたいだけど、ド天然なんです。アメちゃんをよくくれます」と追い打ちをかけられていた。一方の福士は、「現場でおにぎりを配ってます」と、石原にまつわるエピソードを披露。ところが石原は、もともと段田だけに渡すつもりだったといい、これを聞いた勝村が立ち上がって事情を解説することに。「段田さんの楽屋から“これ食べて元気になってくださいね”って聞こえてきたから、隣にも来ると思ったら、そのまま自分の楽屋に帰っていった」と語り、「その話を(石原に)したら、全員に嫌々配ってくれた」と続けると、石原は「今は三合炊きで炊いてます」と笑顔を見せた。

石原は、そのおにぎり作りを楽しんでいるようで、“ご苦楽な時間”についての質問にも「炊飯器は水分量が難しいけど、いい香りとともに、うまく炊き上がった時に幸せな気持ちになる」と回答。またプライベートにおける“ご苦楽な時間”について問われた福士は「筋肉痛ですね」と即答。「ジムで鍛えて、後日筋肉痛が現れた瞬間の“俺はここまでやったんだ”っていう気持ちよさ」と熱弁する。その成果は絶大のようで、ドラマ内では体型がつながっていないという驚きの秘話も。福士は、胸筋を見れば撮影した順序がわかるかもと話し、「筋肉目安で」とはにかんだ。

また“福士が歌を歌っている”というスタッフからのタレコミ情報に対して、石原は「楽屋が隣なんですけど、しっかりとしたあいみょんが聞こえてきます」と裏話を。MCの山内あゆアナが、福士は“寡黙なイメージ”があったと話すと、本人は「世間では寡黙でクールっていうイメージがあるんですよ」とまんざらでもない顔をするも、すぐに「実際はそんなことないんです」と否定。石原も「実際は、よく喋るし、よく歌うし」と、世間のイメージとのギャップを明かした。

最後に石原は「肩の力を抜いて何も考えずに見られる作品で、悪い人がひとりも出てこない平和なドラマ。正直“賭け”な部分もあるんですけど、疲れが癒やされたり、明るくなったり、“なんかおもしろいな”って思ってもらえるように、がんばっています」と力強くアピールし、会見を締めくくった。

なお会見では、山内アナから、“感激!ご苦楽ご機嫌か”好き。岸部式キス”といった特技の回文が披露され、キャストたちが大笑いする一幕も。またドラマの料理監修者が手掛けた“究極のワンスプーン”を食べられる権利を岸部が引き当て、「最高ですね」と至福の表情を浮かべる場面もあった。

浜辺美波と横浜流星がW主演を務める7月期の水曜ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系、8月12日スタート、毎週水曜22:00~)。このほど、主題歌に決定した 東京事変「赤の同盟」の音源が初公開された。

ページトップへ
Twitter Facebook