7月13日(土)14時から翌朝5時まで、約13時間にわたって生放送される『音楽の日2019』(TBS系)で、滝沢秀明のプロデュースする企画が実施される。滝沢は、Snow ManHiHi Jetsらジャニーズの未来を担うジャニーズJr.たちを主役にした企画の演出を担当。ジャニーズの若手全員が力を合わせて『音楽の日』を盛り上げる。

2011年に発生した東日本大震災を受け、音楽・歌の力で日本に元気を届けるべくスタートした同番組。9回目となる今年のテーマは「汗」。夢のために、誰かのために、みんなのために、日本各地で汗をかいて頑張る人々を歌で応援する。総合司会を中居正広安住紳一郎(TBSアナウンサー)、合唱企画・指揮をビートたけしが務める。

そしてこの度、昨年タレント活動を引退し、現在は裏方に専念している滝沢のプロデュース企画が決定。滝沢が『音楽の日』のために考案したのは、Snow ManやHiHi JetsらジャニーズJr.たちが様々な演目で「汗」を流すというもの。企画では、彼らがローラースケートを履いてTBS中を走り回りながら、歴代ジャニーズの名曲を熱唱。さらに、上半身裸で太鼓を打ち続けるという『滝沢歌舞伎』の名物“腹筋太鼓”や、3人乗りで高速回転しながら太鼓を打ち鳴らす「メカ太鼓」への挑戦など、ジャニーズJr.たちが鍛え抜かれた己の肉体を極限まで使って、最高のパフォーマンスを見せてくれる。

また、今回は日本各地の中継場所に登場するアーティストも決定。9月開幕の「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の会場の一つでもある、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムでは、高校ラグビーを題材にした名作ドラマ『スクール☆ウォーズ』の主題歌「ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO」を麻倉未稀が歌いあげる。

さらに、世界遺産に登録された長崎県の五島列島からは、森山直太朗が「生きとし生ける物へ」を、同じく世界遺産のある富山県五箇山からは、一青窈が「ハナミズキ」を歌唱。新たに発表された瀬戸内海のビーチからは、昨年、豪雨に襲われた広島の復興への思いを込めて、因島出身のポルノグラフィティが名曲を熱唱する。

同時に、番組では今夏のTBS連続ドラマや話題の舞台で主演を務める俳優陣へのインタビュー企画も開催。7月7日スタートの『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜21:00~)から大泉洋、7月19日スタートの『凪のお暇』(毎週金曜22:00~)から黒木華、7月9日スタートの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(毎週火曜22:00~)から石原さとみ、IHIステージアラウンド東京にて日本語上演されるブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1から声優の宮野真守が登場し、それぞれ「あなたの汗を応援してくれた歌とは?」という質問に答える。

「汗」にまつわる熱い企画や参加アーティストが出揃いつつある今年の『音楽の日』。今後も新たな参加者や企画の詳細が決まり次第、随時発表される予定だ。

民放各局が制作した番組を中心に、常時約400コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、TVer初となるオールオリジナルコンテンツで夏休み企画「TVerフェス!SUMMER2021」(7月19日~8月29日)を開催。このほど、その目玉企画「人気番組対抗!自由研究グランプリ」の受賞作品が決定した。

ページトップへ
Twitter Facebook