杉野遥亮が主演を務めるドラマイズム『スカム』(TBS、7月2日スタート、毎週火曜25:28~/MBS、6月30日スタート、毎週日曜24:50~)。このほど、オープニング主題歌をまふまふが、エンディングをBiSHが務めることがわかった。

累計被害総額約5000億円! 振り込め詐欺に手を染める若者たちの姿をオリジナルストーリーでドラマ化した『スカム』(タイトルの「スカム」は、英訳すると「詐欺」「人間のクズ」)。週刊モーニングで連載中の「ギャングース」の共同原作者を務め、「犯罪現場の貧困」「犯罪する側の論理」をテーマに取材活動を続けるルポライター・鈴木大介が巨大犯罪・振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」が原案。社会的要因により振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちのドラマを克明に描きながら、「世代間格差」という現代日本が抱える社会問題を突きつける社会派詐欺エンターテインメントとなっている。

舞台は、リーマン・ブラザーズの経営破綻により日本でも多くの失業者が生まれ、若者の貧困率が高齢者を大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取りざたされた2008年の東京近郊。振り込め詐欺の巧妙な手口や、民間企業以上の規律で運営される詐欺組織の実態を交えながら、様々な動機で振り込め詐欺に手を染めていく若者たちの“転落”模様を描いていく。

本作のオープニング主題歌「ジグソーパズル」を歌うまふまふは、ネットシーンに現れた稀有のマルチクリエイターとして、動画投稿サイトやSNSにおいて圧倒的人気を誇っている。そして、これまで数々のゲームやアニメへの楽曲提供を行ってきたまふまふにとって、今回が初の実写ドラマに対する楽曲提供となる。独創的な世界観や、繊細な歌詞に加えて、まるで若者の行き場のない思いを体現したような疾走感あふれるサウンドに載せて展開されるオープニング映像に注目だ。

さらに、エンディングは、楽器を持たないパンクバンドとして日本の音楽シーンにおいて唯一無二の存在感を放つBiSHの「DiSTANCE」に決定。オープニングテーマの持つ疾走感とはまた違った魅力に溢れ、無力な自分を憂いながらも、思った相手を守り抜きたいという葛藤を歌ったメロディアスな楽曲として、本作で描かれる若者たちの魂の叫びを儚くも優しく包み込む。

<第1話あらすじ>
2008年、リーマンショックの影響で新卒切りにあった草野誠実(杉野)は、学生ローンの支払いや大病を患った父の治療費に苦しめられる。そんな誠実に怪しいバイトを持ちかける親友の祥太郎(戸塚純貴)。幼なじみの美咲(山本舞香)の忠告を無視して話に乗る誠実だが、そのバイトとは振り込め詐欺の現金引き落とし役だった。

犯行当日、警察に追われた祥太郎を助けようとして事故を起こしてしまう誠実。集金屋の山田(山中崇)に捕らえられ、振り込め詐欺の実行現場に送り込まれてしまう。

吉川晃司主演の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。7月14日に放送される最終話を前に、物語のキーパーソンを演じる佐野岳がコメントを寄せた。

ページトップへ
Twitter Facebook