市川海老蔵、上白石萌歌

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、6月28日放送の『A-Studio』(TBS系、毎週金曜23:00~)にゲスト出演する。

同番組は、MC笑福亭鶴瓶上白石萌歌が自ら事前に徹底取材を行い、ゲストの素顔に迫るトーク・バラエティ。ゲストには内緒で、彼らの家族や親友など関係者に会いに行き、その人となりを紐解いていく。

海老蔵の出演は約5年ぶり3回目。7月4日から始まる『七月大歌舞伎』では十三役を務めるという。鶴瓶は海老蔵の親しい友人、海老蔵が崇拝している能楽師(葛野流大鼓方)の人間国宝・亀井忠雄、そして舞台で共演した三宅健への事前取材で得た情報と共に、子育てについてなど様々な話を繰り広げる。

また、1日平均24回更新するというブログの話題も。番組の後半では娘・麗禾ちゃんが海老蔵に宛てた手紙を上白石が読み上げる。番組の予告編では、海老蔵が「全部カットしてください」と懇願する場面も。果たして海老蔵に何が起こったのか?

4月6日(月)よる9時からは、「奇跡の生命スペシャル【未来を信じて生きる...人形のような17才少女は今?】」を放送。稀有な病気にかかってしまった子どもたちとその家族に密着する。家族は病気の我が子とどのように向き合っているのか? 困難な状況の中でも懸命に明るく生きる人々の姿を追い、家族の愛と絆を見つめ直す。今回「テレ東プラス」では、100万人に1人といわれる小頭性原発性小人症の患者・ケナディのその後を、特別に先取りで紹介する。※前回の記事はコチラから。常に死と隣り合わせの人生を歩んできたケナディ

ページトップへ
Twitter Facebook