川田裕美

フリーアナウンサーの川田裕美、若手女優の阿部純子が、7月7日スタートの大泉洋が主演の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、毎週日曜21:00~)に出演することがわかった。

本作は、池井戸潤の同名小説を原作にしたサラリーマンドラマで、ヒットメーカーの伊與田英徳プロデューサーと福澤克雄監督が映像化を手がける。

大泉が演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人は、出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。総務部長として工場に赴いた君嶋だったが、さらなる厄介事が発生。かつては強豪だったが、現在は成績不振にあえぐトキワ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するように命じられてしまう。こうして知識も経験もない君嶋が、チーム再建に取り組むことになる。松たか子笹本玲奈中村芝翫上川隆也大谷亮平高橋光臣ブリリアンのコージ(徳田浩至)らも出演する。

今回出演が決定した川田が演じるのは、大谷演じるトキワ自動車アストロズ監督・柴門琢磨の妻・シオリ。ラグビーのことだけを考える柴門を支える才女だが、君嶋とも浅からぬ因縁があり……。川田は「いつも楽しみにしている日曜劇場に出演させていただき、大変嬉しいです。現場では、全員がひとつになってつくりあげる緊張感を感じ、私も物語にしっかり入れるよう心がけました。放送がとても楽しみです。是非ご覧ください!」とコメントしている。

そして、阿部が演じるのは、トキワ自動車海外事業部員・藤島レナ。トキワ自動車内でも数少ないアストロズの熱狂的ファンで、中でも浜畑譲(廣瀬俊朗)のファンである。そんな彼女の元に七尾圭太(眞栄田郷敦)という新人がやってきたことから物語は動き始める。レナの言動が七尾を、そしてやがてはアストロズを動かすことになる。

さらに、君嶋を苦しめる最強ラグビーチーム「サイクロンズ」の監督、GM、エース役も決定。サイクロンズを率いる名将・津田三郎監督役に、鍛え上げられた身体で数々の役をこなしてきた名優・渡辺裕之。業界の事情通でサイクロンズGM・鍵原誠役に、名バイプレイヤーとして様々な作品で存在感を放つ松尾諭。サイクロンズ及び日本代表のスタンドオフを務める富野賢作役に、184cmの長身を活かしミュージカル『刀剣乱舞』で爆発的人気を博している佐伯大地が決定した。常にラグビー界の中心にいるサイクロンズは、アストロズがリーグ優勝するための最大の壁であり最強の敵である。そして津田はアストロズの監督になる柴門とも因縁があり、まさにアストロズの前に立ちふさがるラスボス。この最強チームに弱小アストロズは下克上を成し遂げることができるのか!?

ページトップへ
Twitter Facebook