大泉洋

7月スタートの日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系、毎週日曜21:00~)で主演を務める大泉洋が、このほどクランクイン。大泉演じる大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人が肩を落としながら丸の内を歩く写真が公開されたが、なぜ君嶋は浮かない顔をしているのか?

原作は池井戸潤の同名タイトル小説で、6月13日(木)にダイヤモンド社から刊行される書き下ろしの新作。映画『七つの会議』をはじめ、『半沢直樹』シリーズ、『陸王』、『下町ロケット』(すべてTBS)など人気ドラマの原作を手がけてきた池井戸の新作を、伊與田英徳プロデューサー、福澤克雄監督という、TBSで数々の池井戸作品を映像化してきたスタッフで早くも映像化する。

大泉演じる君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。

クランクインでは、トキワ自動車の本社がある設定の丸の内界隈を、本社から府中工場への異動が決まった君嶋が肩を落としながら歩くシーンが撮影された。休日早朝の撮影にもかかわらず約300人のエキストラが集まり、まるでオフィスタイムのような喧騒が再現されたことに大泉は、「早朝からとんでもない数のエキストラがいらっしゃってました。演出の福澤さんらしい大変豪華な迫力のある映像と、エキストラの数はやっぱスゴイなと思いました」とコメント。また、顔合わせの際に福澤監督が「日曜のよる9時にこの『ノーサイド・ゲーム』を見て日本国民に元気になってほしいんだ」と言っていたことを紹介し「そういう大きな使命をもって私もこのドラマに挑もうと思いましたよ。私たちはこの『ノーサイド・ゲーム』で日本国民を元気にします!(笑)」と意気込みを寄せた。

田中圭が主演を務める土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第6話「俺とお前の七日間」が12月7日に放送された。今回は、山崎育三郎演じる新キャラクター・獅子丸怜二が登場。さっそく田中演じる春田創一との掛け合いを披露して物語を盛り上げた(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook