5月14日に放送される、吉高由里子の主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系、毎週火曜22:00~)第5話で、主人公・東山結衣(吉高)がスポハラ・パワハラ問題に立ち向かう。

朱野帰子の同名シリーズを原作とした本作は、現代に働くすべての人を応援する“心温まるワーキングドラマ”。「定時で帰る」がモットーの主人公・結衣が、曲者ぞろいの上司や同僚の間で奮闘する様を描く。吉高のほかに向井理シシド・カフカユースケ・サンタマリアらが出演。結衣の恋人・諏訪巧役は中丸雄一KAT-TUN)が演じる。

<第5話あらすじ>
ある日スポーツメーカーのランダー社から緊急の要件だと呼び出される制作4部のメンバー。先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる結衣(吉高)たちであったが、「桜宮さん(清水くるみ)に任せておけば問題なし!」と笑顔で中西(大澄賢也)らに言われ、派遣デザイナー・桜宮との関係を不信に思う……。

数日後、吾妻(柄本時生)に呼び出されて外にでると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。その話を聞いて憤慨する結衣は、ランダー社へ打ち合わせに向かうが――。

羽田美智子が主演を務めるオトナの土ドラ『隕石家族』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の最終話(第8話)が、5月30日に放送される。3月中旬に撮影を終えた今作。羽田、泉里香、天野ひろゆき(キャイ〜ン)がドラマへの思いを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook