山下智久主演の金曜ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話が、5月10日に放送。紐倉(山下)の義手の秘密が明らかになる。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。

<第5話あらすじ>
紐倉(山下)は、自殺した元助手・入谷(松下優也)との記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた助手の高家(濱田)は治療を勧めるが、紐倉はついきつく当たってしまう。

一方で、牧野(菜々緒)は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには「危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?」「助手が謎の自殺!」など気になる記述が……。

牧野が勤める内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がっていた。その前に紐倉の疑わしい過去についてきちんと調べる必要があると思った牧野は、独自の調査である会社の情報を手に入れる。

それは最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社で、CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山(時任三郎)だった。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。

福山の口から語られた紐倉の辛い過去とは? そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。

ページトップへ
Twitter Facebook