俳優の時任三郎が、5月10日に放送される山下智久主演の金曜ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話に出演することがわかった。時任が演じるのは、山下扮する紐倉哲の元上司で、現在は世界中から注目を集める会社のCEO・福山和成。福山は、紐倉の過去を知る重要人物として登場する。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。

時任が演じる福山は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで世界中から大注目されている会社のCEOであり、紐倉がCDC(アメリカ疫病予防管理センター)で働いていた頃の元上司。第5話では、紐倉の過去を知る福山の登場により、紐倉の義手の秘密も明らかになっていく。

今回、時任と山下は、紐倉の過去シーン撮影のため、沖縄での大規模ロケに参加。ジャングルなど過酷な環境での撮影も多かったが、2人は初共演とは思えないほど息ぴったりの演技で、上司と部下の関係を体現した。

本作への出演について時任は、「一般的にはあまり知られていない寄生虫のことがストーリーに織り込まれている『インハンド』は、とても斬新で面白い作品だと思っていました。その中でクスッと笑えるところもあったり、とてもいいチームワークを画面からも感じていたので、そんな作品に参加できて光栄に思っています」とコメント。

また、初共演となる山下については、「僕が演じる福山は紐倉の過去を知る人物として絡みも多いので、楽しくご一緒させていただいています。劇中では紐倉をクールに演じられていますが、沖縄ロケの合間には現地の子供たちととても楽しそうに遊んでいて、その時の朗らかで優しい笑顔が印象的でした」と振り返り、視聴者に向けて、「山下くん演じる紐倉に福山がどのように絡んで、結末にどう関与していくのか、ぜひ楽しみにご覧ください」とメッセージを送った。

第5話以降は、紐倉の過去に関わる5年前にある国で起きた事件の真相や、紐倉の言動の秘密などが次第に明らかになっていく。福山が現れたことで、運命を大きく変えていく紐倉たち。同時に、紐倉以上に謎を抱えた福山のストーリーにも注目したい。

ページトップへ
Twitter Facebook