高家春馬(濱田岳)、牧野巴(菜々緒)、源田恵奈(吉川愛)

山下智久主演ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第4話が、5月3日に放送。第4話では、山下演じる天才科学者が、人を自殺させる病原体の謎に挑む。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉哲が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。

<第4話あらすじ>
右手が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲(山下)は、自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けて、お人よしの助手・高家春馬(濱田)は、そんな紐倉の横で研究所の中をせっせと掃除していた。

そんな2人の元へ、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)が、外務事務次官・源田創子(紫吹淳)宛に「人を自殺させる病原体をバラまく」という脅迫状が届いたという相談をしにやって来る。ただの嫌がらせのようにも思えるが、脅迫状に名前が記載されている2人の女性は実際に1週間以内に自殺しており、1人の男性も2日前から行方不明になっていた……。

そして次のターゲットは、創子の娘・源田恵奈(吉川愛)だという。本当に“人を自殺させる病原体”などが実在するのかを確かめるため、牧野は紐倉を訪ねてきたのだった。

「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。紐倉、高家、牧野が調査を始めると、自殺した女性2人、行方不明の男性は皆、恵奈の幼馴染であることが判明。さらに、4人は少し前にある製薬会社の治験のバイトをしていたことが明らかになり、紐倉たちは、製薬会社への潜入捜査を試みることに。

一方で、紐倉の過去が少しずつ明かされていく。牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾)の調べによると、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったという。5年前の紐倉に一体何があったのか――。紐倉の脳裏にフラッシュバックする過去の辛い記憶とは?

4月5日(日)より、新番組「四月一日(わたぬき)さん家(ち)と」(毎週日曜深夜1時35分)がスタート!【みどころ】昨年放送されたバーチャルYouTuberドラマ『四月一日さん家の』(読み:わたぬきさんちの)の2期作品です。バーチャルYouTuber(VTuber)を起用した連続ドラマは新しい試みとして話題となり、スピンオフを描いたボイスドラマやライブイベントなど、放送終了後も作品世界を広げ続けてきました。出演者は、前作から引き続き、ときのそら、猿楽町双葉、響木アオに加えて、新レギュラーメンバーと

ページトップへ
Twitter Facebook