ゲストのうつみ宮土理が後悔していることとは?

うつみ宮土理が、4月26日放送の『爆報!THE フライデー』(TBS系、毎週金曜19:00~)にゲスト出演し、人生最大の後悔について語る。

MCを爆笑問題、スペシャルMCを田原俊彦が務める同番組は、芸能界やスポーツ界で輝いた有名人の知られざる一面をニュース形式で紹介するバラエティ。同日は、テリー伊藤アンガールズ友近藤森慎吾オリエンタルラジオ)、平成ノブシコブシも出演する。

2015年に亡くなった愛川欽也さんとは「おしどり夫婦」として有名だったうつみだが、後悔していることがあると明かす。太田裕美の門出をぶち壊しにしたという、夫婦生活最初で最後の大げんかについて語る。

大学時代にバレーボールの全日本に選出され、1990年代、実業団、日本代表選手として活躍した佐々木太一の現在に迫る。2005年に現役を引退した彼は今、日本初だという合格率わずか0.2%の超難関資格を取得。営業知識ゼロ社員から一発逆転を果たしていた。

また、1984年3月場所の初土俵以来、行司として角界で活躍してきた10代式守与之吉が、ギラン・バレー症候群を発症し、引退の危機に直面していたことが明らかに。病により手足などを動かすことが不自由な体になり、絶望に打ちひしがれていた与之吉を救った人物とは?

「なぞの転校生」「ねらわれた学園」「時空の旅人」などの作品で有名なSF作家・眉村卓。サラリーマンを経て1961年に作家デビューして以降、SF作家として数々の作品を生み出し、テレビドラマ、映画化された作品も多数ある。作家として多くの読者を魅了する小説を生み出してきた眉村が、ただ1人の読者の為だけに書き続けた作品があるという。それは病で余命1年と宣告された妻に捧げた1778話の物語。眉村は闘病する妻の為に毎日1話、書き続けたのだ。そんな感動の実話の裏には、本には書かれなかった驚きの続きがあった。天才作家を待っていたリアルな現実とは?

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる番組『ザワつく!金曜日』。 2月14日(金)の同番組では、錦鯉

ページトップへ
Twitter Facebook