村上健志、中田喜子、立川志らく、梅沢富美男

4月18日放送の『プレバト!!』(MBS・TBS系、毎週木曜19:00~)は、「全国俳句強豪校vs名人・特待生!春の他流試合SP」と題し、梅沢富美男をはじめとする名人・特待生と最強高校生の俳句対決を放送する。

番組では過去2回、高校生の俳句日本一を決める「俳句甲子園」の会場にプレバト出演者が乗り込み、優勝校との対外試合を行ってきた。今回は逆に、浜田雅功ダウンタウン)が仕切るスタジオに全国トップレベルの高校生を招いて5対5の団体戦を行う。

夏井いつき先生が選んだ対戦相手は、「俳句甲子園」全国大会最多出場を誇る愛媛県立松山東高校。あの正岡子規や高浜虚子らが学んだ俳都・松山の名門校だ。そしてプレバトからは、梅沢のほか、村上健志フルーツポンチ)、中田喜子千賀健永Kis-My-Ft2)、立川志らくが参戦。「自動ドア」の写真をお題に各チーム1人ずつ俳句を披露し、夏井先生が尊敬する日本を代表する俳人3人のジャッジで5試合の合計点を競う。

決戦を前に、梅沢は「名人ですから」、志らくは「俳句をやってる年月が違う」、中田は「私たちは夏井先生にビシバシ添削されてますから」、村上は「僕は絶対大丈夫」、千賀は「ここに来たことを後悔させてやりますよ!」などと、プレバトチームは自信満々。

対する松山東高校チームは「皆さんお強いので胸を借りる気持ちでぶつかっていく」と、謙虚な姿勢で本気の勝負を挑む。夏井先生が「なかなかいい試合になるんじゃないですか」と期待を寄せ、過去最高レベルの作品がぶつかり合う中、プレバトチームが大ピンチに? 果たして勝利するのはどちらのチームなのか?

ページトップへ
Twitter Facebook