山下智久主演ドラマ『インハンド』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第2話が、4月19日に放送。第2話では、日本初上陸の新型ウイルス“ハートランドウイルス”の感染者が発生する。

本作は、隔週発行の漫画誌「イブニング」(講談社)に連載中の朱戸アオによる同名コミックを原作としたサイエンスミステリー。右手はロボットハンドの義手、性格は人嫌いでドSという寄生虫を専門とする天才科学者の紐倉哲が、お人好しの熱血助手・高家春馬(濱田岳)や、クールでやり手な美人官僚・牧野巴(菜々緒)と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑む姿を描く。

<第2話あらすじ>
変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。

一方、医者としての道を断たれて紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていた。ある日、病院から紐倉の元に、感染症の疑いがある意識不明の女性について調べてほしいという依頼が来る。

紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。紐倉と高家は感染ルートを調べることに。感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはないようで……。

そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになる。

ページトップへ
Twitter Facebook