超一流アスリートたちが勝てなかった天才たちを紹介する『消えた天才』(TBS系、毎週日曜20:00~)。4月7日は18時30分から4時間半スペシャルを放送。新大関・貴景勝、スピードスケートの小平奈緒、レスリングの登坂絵莉らが敵わなかった天才たちが登場する。

バナナマンがMCを務める同番組は、各界の超一流が勝てなかった“消えた天才”の第二の人生をのぞき見するドキュメントバラエティ。現在は姿を消してしまったが「あの時スゴかった天才」の“今”を追跡し、驚がくの転身や今だから言える衝撃の事実に迫っていく。ゲストとして、井森美幸上地雄輔澤部佑ハライチ)、中村アン畠山愛理原晋山崎弘也アンタッチャブル)が出演する。

昨年、22歳の若さで初優勝を果たすと、次々と勝ち星を重ね、先日ついに大関に昇進した、相撲界の新スター・貴景勝。そんな貴景勝は相撲を始める前、実は“あるスポーツ”の有名選手だった。そのスポーツで一生忘れることのできない敗北を喫したことが、貴景勝が相撲の道に進むきっかけとなったというが、貴景勝の人生を変えた天才とは?

また、平昌オリンピック金メダリストの小平が憧れていた天才は、数々の世界大会で優勝し、当時、世界最強とも呼ばれていたのだが、なぜか五輪だけは絶対に勝てなかったという。その驚きの理由や、小平が金メダルを獲得した裏にある知られざる秘話が明かされる。

リオ五輪金メダリストの登坂は小学生の時、何度戦っても絶対に勝てなかった美少女の天才がいた。しかしその天才は、中学でレスリング界から突然、姿を消したという。今回、13年ぶりにその天才美女が登坂と再会し、消えた理由を初告白する。

甲子園史上No.1名勝負といわれる、松坂大輔率いる横浜高校とPL学園の延長17回の決戦。その死闘を繰り広げたPL学園のメンバーたちは卒業後、プロ野球に進んだのか、進まなかったのか? 追跡すると、「松坂最大のライバルと言われた天才スラッガー」は、驚きの転身を遂げていた。また、松坂以上の大出世を果たしたメンバーの衝撃の人生が明らかになる。

さらに、新企画「不滅の大記録を樹立したアスリートは今?」も。毎年のように記録が更新される陸上界で、33年間も破られることの無かった、不滅の大記録を達成した伝説の天才ランナーがいたという。青学・原監督、陸上界のレジェンド・瀬古利彦が「怪物」と呼ぶその天才ランナーは、高校2年以降、一度も記録を更新することもなく、表舞台から姿を消したというが、その意外な理由とは? そして現在は、年商100億円超えの“ある仕事”で、有名人になっていることが判明する。

有吉弘行、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志が本気でオンラインゲームをプレイする「有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?」(毎週日曜夜10時)。4月18日(日)の放送は、オードリー春日と高田秋をゲストに迎え、「ロケットリーグ」をプレイ。「テレ東プラス」では、特別に先取りで番組内容を紹介します。「本当にありがとうございます。感謝しています」と有吉が拝んでいるのは、今回収録する場所を提供していただいた、5つ星ホテル「ヒルトン東京」。感謝の気持ちをたっぷり込めてご挨拶した後は

ページトップへ
Twitter Facebook