坪倉由幸、内田有紀

吉高由里子主演で、4月16日にスタートする火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系、毎週火曜22:00~)。このほど、お笑いトリオ・我が家坪倉由幸の出演が決定した。

同ドラマは、WEB制作会社で働くディレクターで、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた東山結衣(吉高)を主人公にした、「働き方改革」が叫ばれる現代にこそ観てほしい、現代に働くすべての人を応援する“心温まるワーキングドラマ”。吉高をはじめ、向井理中丸雄一KAT-TUN)、柄本時生泉澤祐希シシド・カフカ桜田通江口のりこ梶原善酒井敏也内田有紀ユースケ・サンタマリアらが出演する。 

坪倉が演じるのは、内田が演じるワーキングマザー・賤ケ岳八重の優しい夫、丸山陽介。登場は第2話からで、育休から職場復帰する八重に代わり、育休を取って双子の育児に奮闘する優しい夫という役柄だ。坪倉はクランクイン後、2日目の撮影でついに内田と共演。初対面ながら息ぴったりの演技で、双子の赤ちゃんと4人でいるシーンでは、まるで本当の家族のような雰囲気で、現場を和ませた。共働き世帯が増え、育休を取得する男性も年々増加している現代のリアルな夫婦の姿を描く2人のシーンにも注目だ。

また、2人の共演シーンは、4月4日(木)22時放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で初公開される。

以下に坪倉のコメントを紹介する。

<坪倉由幸 コメント>
以前、『アンナチュラル』(2018年・TBS系)で初めてお父さん役をやらせていただいたのですが、実際は結婚もしたことないし、子供もいないのに周りの方から好評でうれしいです。赤ちゃんを抱いていると癒されますね。笑っているときももちろんかわいいですが、泣いていてもかわいいです。正直、内田さんが奥さんというのは、ドキドキしています(笑)。今回が初めましてだったのですが、本当に素敵な方で、(僕に対して)優しそうという印象を持ってくださっていたみたいで光栄です。かわいい子供達と素敵な家族に見えたらと思います。ぜひ、毎週火曜日は定時に帰って、このドラマをご覧になってください。

ページトップへ
Twitter Facebook