今回は春日が重量挙げに挑戦

3月30日(土)19時放送の『炎の体育会TVSP』(TBS系)では、重量挙げの大会に初参加したオードリー春日俊彰に完全密着。3か月にわたるハードなトレーニングを行った春日の重量挙げの実力が明らかになる。

これまで番組の企画で、ボディビルやフィンスイミングなど、4種目の競技に挑戦してきた春日。ボディビルでは東京オープン5位、フィンスイミングではワールドカップマスターズ大会2位、レスリングでは全日本社会人選手権4位、エアロビクスでは全日本コンテスト男子シングル3位と、それぞれの競技で結果を残しており、すっかり“アスリート芸人”の地位を確立している。

しかし、いまだに“日本一”の称号は獲得できていないまま。そんな悲願の日本一を目指して、春日の第5弾プロジェクトがスタートする。今回、春日が新たに挑戦する競技は「重量挙げ」。バーベルを両手で頭上に持ち上げ、「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」という2つの種目の合計重量で順位を決めるパワースポーツだ。

「ウエイトリフティングは地道な日々の努力が大切。自分には向いている競技だと思う!」とやる気を見せる春日は、大会の3か月前から過酷なトレーニングを開始。黙々と鍛錬を続ける春日の姿に、日本一への期待も高まっていく。

番組は春日の出場する重量挙げの大会に潜入。大会当日、見事な身体能力を発揮し、会場をザワつかせる春日だったが、果たしてその結果は!?  スタジオの出演者の度肝を抜いた春日の重量挙げパフォーマンスは必見!

司会の今田耕司宮迫博之蛍原徹雨上がり決死隊)はもちろん、あき竹城上田竜也KAT-TUN)、勝俣州和宮川大輔らレギュラー陣のリアクションにも注目だ。

9月29日(日)18時半から3時間半にわたり放送されるTBS系特番『伝説の日本人を越えろ!サムライチャレンジ』の収録がこのほど都内で行われ、MCを務める山里亮太(南海キャンディーズ)、ゲストの貴乃花光司、中澤佑二、浜口京子、横浜流星が収録後に番組の見どころを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook