吉高由里子主演で、4月16日にスタートする火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系、毎週火曜22:00~)。このほど原作の朱野帰子が撮影現場を訪問し、主要キャストが集結するオフィスシーンを見学。「自分が数行で書いたオフィスが想像以上に再現されている」とうれしそうに語った。

同ドラマは、WEB制作会社で働くディレクターで、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた東山結衣(吉高)を主人公にした、「働き方改革」が叫ばれる現代にこそ観てほしい、現代に働くすべての人を応援する“心温まるワーキングドラマ”。吉高をはじめ、向井理中丸雄一KAT-TUN)、柄本時生泉澤祐希シシド・カフカ桜田通江口のりこ梶原善酒井敏也内田有紀ユースケ・サンタマリアらが出演する。 

原作の「わたし、定時で帰ります。」シリーズ(新潮社刊)は、自身も会社員を経験しており、作品ごとの徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博している朱野によるお仕事小説。3月29日(金)には、シリーズ続編となる「わたし、定時で帰ります。ハイパー」が発売される。

現場を訪れた朱野は「初めてセットを見学して、原作では数行しか書かれていないオフィスを本当に精巧に創りこんでくださっているのに驚きました。私もこの会社で働きたいと思うくらい素敵で、その中で俳優さんたちが動き回っている光景は、実在の職場を覗いているのではないかと錯覚するくらいリアルでした」としみじみ。

続けて撮影も見学し、「結衣役の吉高さんも、晃太郎役の向井さんも、他の役柄の皆さんも、原作をはるかに超えて魅力的です。小説とドラマのどっちが先にできたのかわからないという気さえしてきます(笑)」と俳優陣の再現性に驚いたという。

主演の吉高については「社会の枠組みには完全に取りこまれずにいて、でも周囲を俯瞰する目も常に持っている人、という印象があって密かに憧れていました。なので、新しい時代のヒロインを描こうとする時はいつも吉高さんのイメージが頭の奥にありました」と明かし、「今回、結衣役を演じていらっしゃるのを拝見して、改めて夢が一つ叶ったという思いでいっぱいです」と感無量の様子。

さらに、「国を挙げての働き方改革が始まり、4月から新制度や管理システムが導入される企業も多いと思います。でも人の心も、働く状況も、そう簡単には変わらないですよね。ドラマは原作以上に、帰りたくても帰れない人の心に優しく寄り添ったドラマになっていると感じます。まじめに、一生懸命、働かれている方にこそ観ていただきたい物語です」とアピールしている。

「ぷしゅー」のワカコが、またまた帰ってくる! 武田梨奈扮する"酒呑みの舌"を持って生まれた26歳のOL・村崎ワカコが酒場をさすらい、一人酒を楽しむ人気ドラマシリーズ「ワカコ酒」。第5弾となる「ワカコ酒 Season5」(毎週月曜深夜0時放送)が、BSテレ東にて4月6日(月)よりスタート!今作も「ぷしゅー」の決めゼリフと共に、さまざまな店で美味しいお酒と料理を堪能。また、原作のスピンオフ「大衆酒場ワカオ ワカコ酒別店」を初めて実写化。5月11日(月)放送の第6夜に、下戸の料理人・ワカオ役で武田鉄矢

ページトップへ
Twitter Facebook